南極・北極旅行&クルーズ 株式会社クルーズライフ

レイキャビク発/コペンハーゲン着

レイキャビク発/コペンハーゲン着

赤毛のエイリークの足跡を辿る探検クルーズ11日間(西行)

  • 日本人通訳乗船
  • 日本人スタッフ乗船
  • 日本人EXスタッフ乗船
  • 割引設定コース
  • 添乗員同行
旅行開始日~終了日 2023年07月29日~08月08日
期間 11日間
集合地 レイキャビク(Reykjavik)
解散地 コペンハーゲン(København)
利用客船 オーシャン アルバトロス
アドベンチャー・
オプション

コースの紹介 | OVERVIEW

レイキャビクからカンゲルルススアークへの探検クルーズにご参加ください。この北極探険クルーズは、1000年以上前にノース人(古代スカンジナビアの人々)の入植者によって設定された同じ航路を辿ります。
アイスランドとグリーンランドの間にあるデンマーク海峡を横断してグリーンランドへ、そしてイヌイット集落のタシーラクとクルスックを訪れる予定です。さらに南下し東グリーンランドからダイナミックなプリンス・クリスチャン・サウンドを通り西グリーンランドへ向かいます。また海岸沿いを北へ航行し世界最小のグリーンランドの首都を訪れる予定です。ディスコ湾では、ケケルタルスアクにて地元のフォークダンス体験や名高いエキップ・セルミア氷河をクルーズします。セーメルミゥート平原では、世界遺産イルリサット・アイスフィヨルドの眺望や夕日に輝く氷山を見れる機会があります。最後に、カンゲルルススアークの長いフィヨルドに入ります。ここでは、グリーンランドのアイスキャップに沿ってツンドラを歩き回っているジャコウウシとトナカイを垣間見ることができます。

<ハイライト>
● イヌイットの伝統と文化に触れます。
● ダイナミックなプリンス・クリスチャン・サウンドをクルーズします。
● グリーンランド首都のヌークを訪れます。
● 名高いエキップ・セルミア氷河やケケルタルスアクがあるディスコ湾を観光。
● 世界遺産イルリサット・アイスフィヨルドを訪れます。

ギャラリー | GALLERY

  • 北極クルーズ
    北極クルーズ
  • グリーンランド犬/グリーンランド旅行
    グリーンランド犬/グリーンランド旅行
  • 上陸観光/グリーンランド旅行
    上陸観光/グリーンランド旅行
  • ホエールウォッチング/グリーンランド旅行
    ホエールウォッチング/グリーンランド旅行
  • 氷河/グリーンランド旅行
    氷河/グリーンランド旅行
  • ホッキョクギツネ/グリーンランド旅行
    ホッキョクギツネ/グリーンランド旅行
  • カラフルな家/グリーンランド旅行
    カラフルな家/グリーンランド旅行
  • ジャコウウシ/グリーンランド旅行
    ジャコウウシ/グリーンランド旅行
  • 集落の風景/グリーンランド旅行
    集落の風景/グリーンランド旅行

スケジュール | ITINERARY

スケジュールの詳細をすべて表示スケジュールの詳細をすべて閉じる
  • 01 日目レイキャビク乗船/出港
    • オーシャン・アトランティック/グリーンランド旅行
    午後、レイキャビクにて乗船。
    夕刻、グリーンランドに向けて西へ針路をとり、赤毛のエイリークの足跡を辿る探検クルーズが始まります。
    宿泊
    船中
    食事
    • 食事なし
    • 食事なし
    • 夕食
  • 02 日目終日航海
    • レクチャー/グリーンランド旅行
    船内では、アイスランドやグリーンランドの歴史、自然、野生生物、気候についてのレクチャーをお楽しみください。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 03 日目スコルダンゲン観光
    • 氷山/グリーンランド旅行
    スコルダンゲン島は、東グリーンランドで最も美しい地域の1つです。北緯63度に位置するこの島は、狭くて急なフィヨルドと氷河に囲まれ、近くの氷床からは冷えた綺麗な空気が流れ込んできます。寒々とした風景を想像する方が多いですが、思ったよりも穏やかな気候を経験することになるでしょう。
    1888年の夏の終わり、ノルウェーの探検家フリチョフ・ナンセンが、最初の内陸氷横断のために、適切な登り口を求めてここにやって来ました。スコルダンゲンとは、島の南西に位置する放棄された集落の名でもあります。1965年まで最大100名の住人が住んでいましたが、現在はいくつかの廃屋が残っているだけです。

    旅は引き続き、興味深い植物を観察できるこの地域の北西隅にあるドロニング・マリー・ダルへ向かいます。スコルダンゲンとイレルタカイクフィヨルドを過ぎた辺りから、山々の峰や山岳地帯の景観は少なくなり、ここからは氷床が海岸線まで続く棚氷が形成しているところが見えてきます。南極を旅したことある方はおそらく認識できるかと思います。ベルンシュトルフ・アイスフィヨルド:南東沿岸で最も氷山の生産性が高いアイスフィヨルドです。氷の多い海域では安全な距離を保ちながら航行します。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 04 日目プリンス・クリスチャン・サウンド観光
    • プリンス・クリスチャン・サウンド/グリーンランド旅行
    ファーベル岬またの名をフェアウェル岬は、グリーンランドの最南端としてだけでなく、悪名高い季節風が吹き荒れることで知られています。本船は、より快適で壮観でもある航路をとりプリンス・クリスチャン・サウンドの内側を航行します。ここは、東の大西洋から、南西グリーンランドのフィヨルドランドの中心にある、アーピラトトック集落までの約60kmの水路です。この海峡は、切り立った山々があり上陸可能な地点は限られているためカヤックの実施は難しくなります。2年前まで気象学者によって管理されていたプリンス・クリスチャン・サウンドの古い測候所は、この旅程に沿った古典的な観光スポットになっています。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 05 日目南グリーンランド観光
    • 南グリーンランド/グリーンランド旅行
    正確な航路を予測することが難しい南グリーンランドを航海しながら、最初はカコルトクの町に寄港する予定です。その日のうちにカコルトク集落があるアルスクフィヨルドを目指します。 しかし、ここで重要なのは、この非常に特殊な鉱物が30年前に枯渇するまで採掘された世界で唯一の場所であるイビッツートのかつての氷晶石鉱山です。アルミニウムの溶解に使用された鉱物は戦略的に重要になり、第二次世界大戦中の供給を保護するためにアメリカ人に南グリーンランドに基地を設置することを余儀なくさせました
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 06 日目ヌーク観光
    • イヌイットの方々/グリーンランド旅行
    夜間に、翌朝のヌーク到着に向けて北へと航行します。ヌーク・フィヨルドに入るとこの季節に訪れるザトウクジラと出会える可能性があります。人口17,000人の世界で最も小さなグリーンランドの首都には、現在、グリーンランド全人口の3分の1が住んでいます。
    この地域はイヌイットが定住する前の紀元前2,200年頃、狩人たちが暮らしていました。紀元1000~1350年頃にかけてアイスランドのバイキングや農民などが南グリーンランドやヌーク・フィヨルドへ入植し、同じころ、チューレ文化を持つイヌイットの狩猟民族は、北グリーンランドから南へ移動してきました。北欧からの入植者は紀元1350年頃に姿を消しましたがイヌイットはその地に留まり、厳しい北極の自然の中で狩猟しながら生き延びてきました。1721年グリーンランドの近代史が始まりました。ノルウェーのルター派の宣教師ハンス・エゲデがヌークの近くに永久植民地と貿易所を設立しました。ハンス・エゲデの主な目的は、北欧のカトリック教徒をルター派に改宗させることでした。しかし彼がグリーンランドに到着した時には、北欧からの入植者たちは姿を消していることが分かりました。北欧からの入植者たちがなぜ姿を消したのか?それは今でも謎に包まれています。1979年、議会がヌークで開催され、この町はついに国の首都として認められました。
    夕刻、ヌークを離れ北に向けて出港します。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 07 日目エイヴィヒッド・フィヨルデン観光(別名:永遠のフィヨルド)
    • エイヴィヒッド・フィヨルデン/グリーンランド旅行
    エイヴィヒッド・フィヨルデンまたの名を永遠のフィヨルドは、この探検クルーズのハイライトの1つです。本船はフィヨルドの急勾配な山腹に沿って航行し、ゆっくりと海に流れ込んでいる壮大な氷河を見学します。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 08 日目ケケルタルスアクとカフェミック、エキップ・セルミア氷河観光
    • ケケルタルスアク/グリーンランド旅行
    1,000m級の山並みに囲まれたディスコ島の天然の良港に入港します。そこは、デンマーク語で”グーハウン”(良い港)、グリーンランド語で”大きな島”という意味の”ケルルタルスアク”と呼ばれています。グーハウンは1950年までにヌークの北にある最も重要な町でした。多くのクジラが捕獲され、ここに水揚げされた結果、町は豊かになりました。現在は仕事の機会もグリーンランド本土とのつながりが減り、忘れられつつあります。
    地元のコミュニティセンターでは、コーヒーやケーキ、伝統の踊り、音楽を楽しむフレンドリーな集会であるグリーンランドの伝統的な「カフェミック」が開催されます。グリーンランド出身のミュージシャンが、木製の楕円形の枠の上にホッキョクグマの膀胱を張って作られたドラム“qilaat”をたたきます。“qilaat”は他のドラムと異なり、スティックで皮の面ではなく枠を叩いて演奏します。この質素な楽器は、娯楽や悪魔祓い、魔術など様々な目的に利用されます。

    午後、ディスコ島の北東の角にある巨大なエキップ・セルミア氷河に向けて、東に航行します。この氷河はグリーンランドで最も印象的な氷河の一つです。イルリサットでは見ることが出来ない、氷河の成長を間近で経験することができます。壮大なクレバス、深い青色の氷河の流れ、風景は言葉では言い尽くせない程、とても見事です。この力強い氷の世界を五感で感じられる素晴らしい機会です。
    夕刻、本船は出港の準備をします。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 09 日目氷山の都イルリサット観光
    • イルリサット/グリーンランド旅行
    イルリサットは、おそらくグリーンランドで最も立地の良い町です。グリーンランド語で名前はシンプルに”氷山”を意味し、町のニックネームは”世界の氷山の首都”です。氷山はアイスフィヨルドから流れ出ており、イルリサットから南に30分ほどハイキングしたところにあります。これらの印象的な氷の構造物は、巨大なセルメック・クジャレック氷河(ヤコブスハブン氷河)よって生まれています。幅10kmの氷河は、南極大陸以外で最も多くの氷河を作り出し、多くの氷河は一日あたり約1mで流動しますが、イルリサットの氷河は一日あたり25mの割合で流動しています。この氷河から生まれる氷山は、グリーンランドの全ての氷山の10%以上を占め、2,000万トンに相当します。これらの実態とフィヨルドの素晴らしい美しさでアイスフィヨルドは、ユネスコ世界遺産に登録されました。イルリサットが設立されてから250年以上の年月が過ぎましたが、町は着実に栄えてきています。現在イルリサットは、グリーンランドで3番目に大きな町で、4,500人以上の住民が暮らしています。この町はグリーンランドの他の町と比較すると、非常に活気があり、住みやすく、文化的な魅力に満ちています。またイルリサットは、伝説の極地探検家クヌート・ラスムッセンと親友のヨルゲン・ブロンルンの生まれ故郷でもあります。夕刻、素晴らしいディスコ湾を後にし、氷山の都から南に向けて出港します。

    ●オプショナルツアー
    この日は、アイスフィヨルドへのボートツアーに参加することもできます。所有時間は合計で約2時間半です。素晴らしい氷山を見るのに最適なチャンスです。この旅行は間違いなく非日常の体験であり、生涯忘れられない素晴らしい思い出となるでしょう。
    ハイキングやボートでの旅行では十分満足できない場合、アイスフィヨルドの上空をフライト・エクスカーションするツアーもあります。アイスフィヨルドへのボートやフライト・エクスカーションは、クルーズ代金には、含まれていませんのでご注意ください。尚、フライト・エクスカーションは、事前予約が必要となります。

    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 10 日目サルファングアク
    • 北極クルーズ/グリーンランド旅行
    「小さな小川の場所」を意味するサルファングアクの集落は、100人ほどの住民がホッキョクイワナやトナカイ、ジャコウウシなどの漁業や狩猟、罠猟で生計を立てています。

    サルファングアクは、かなりの遠隔の地でグリーンランドの第2の大きな町シシミウトから数時間航行したところにあります。大きな町へのアクセスは、イティレックのような小さな地域社会には不可欠で経済的利益をもたらします。
    集落を散策すると、今のグリーンランドの田舎生活を垣間見ることができます。インターネットやスマートフォンのような、現代の便利さと技術の進歩が当たり前になっていますが、地元の人たちは、重要な慣習や伝統、イヌイットの遺産を守ることに大きな価値を見出しています。

    船内での昼食の後、本船は、カンゲルルススアークのフィヨルドに向けて出港します。特にフィヨルドを航行する際の最初の部分は、高い山々と深い谷が織り成す絶景をお楽しみいただけます。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 11 日目カンゲルルススアーク入港/下船/発✈コペンハーゲン着、解散
    • オーシャン・アトランティック/北極旅行
    夜間、客船は長さ160kmのカンゲルルススアークフィヨルドを航行。朝、カンゲルルススアーク入港。午前、船内で朝食後、乗組員に別れを告げて、ゾディアックボートでカンゲルルススアーク港に上陸。
    港から空港へ送迎。午後、カンゲルルススアーク発、空路コペンハーゲンへ。夕刻、コペンハーゲン到着後、解散。



    トナカイ氷河(GLACIER TRIP)
    所要:約4時間
    カンゲルルススアークからの「美しいトナカイ氷河へのオプショナルツアー」をご案内しています。ツアーの所要時間は約4時間です。オプショナルツアーは、クルーズ代金に含まれていません、別途料金が必要です。氷床への砂利道(岩だらけの変化する地形や砂利道)は時折でこぼこで凹凸があるため、首や腰が悪い人にはこのエクスカーションはお勧めいたしません。

    ご案内
    すべての観光は、天候や海象、氷の状況によります。ゾディアッククルーズやカヤックは適切な条件下で実施されます。全てのお客様とスタッフの安全を最優先にご案内いたします。クルーズ中に悪天候のため観光ができない場合には、船内のウェルネス&サウナ、レストラン、バー、図書室などの施設を利用してお楽しみください。この探検クルーズ中、専門家による探検の歴史や生物学、地質学、氷や野生生物などのレクチャーを予定しています。

    宿泊
    食事
    • 朝食
    • 食事なし
    • 食事なし

利用客船 | SHIP INFORMATION

オーシャン アルバトロス
運航会社:
アルバトロス・エクスペディションズ

オーシャン アルバトロス

客船タイプ 探検船
総トン数 8,500トン
全長 104.4m
全幅 18.4m
就航年/ 改装年 2022年
乗客定員 189名
客室数 94室
船籍国 バハマ
客船タイプ 探検船
総トン数 8,500トン
全長 104.4m
全幅 18.4m
就航年/ 改装年 2022年
乗客定員 189名
客室数 94室
船籍国 バハマ
オーシャンビクトリーの姉妹船であるオーシャンアルバトロスは2022年11月にアルバトロス・エクスペディション社の艦隊に加わります。
オーシャンアルバトロスは南極や北極の他、エキサイティングな新しい目的地など、多様な探検クルーズへ配船されます。

合計95室の全客室は全く遮ることのない海の景色お楽しみ頂け、ほとんどが専用バルコニー付です。オーシャン・アルバトロスは間違いなく世界で最も人気のある探検クルーズ船の1つになるでしょう。オーシャン・ヴィクトリーの姉妹船のように、2つのレストラン、ウェルネスエリア、バー、オープンデッキのダイニング施設、モダンなレクチャーラウンジ、その他の最先端の設備を提供します。この船は従来の探検船よりも二酸化炭素排出量が50%以上少なく、最も環境に優しい船の1つであり、グリーンイニシアチブプログラムを実施し、お客様に絶対的な快適さと持続可能性の両方を保証します。オーシャン・ヴィクトリーとは異なり、オーシャン・アルバトロスはユニークなパノラマサウナと追加代金なしの12室の1名用客室を備えています。

最高のポーラーコード6とアイスクラス1Aを備えたオーシャンアルバトロスは頑丈な構造とX-Bow®-Infinityクラスによって小型船のクルージングに理想的で、荒天時に高い安定性を提供し、最もスムーズな動きを可能にします。港への安全な帰還を容易にするSolas2012分類されています。

この船は、4つのディーゼルエンジンと2つの電気エンジンを備えた新世代の低エネルギー船の一部であり、速度と燃料消費を最適化するためにすべて電子制御されています。

旅行代金(お一人様) | PRICE (PER-PERSON)

客室タイプから選ぶ

客室タイプ 代金(お一人様) 客室をお一人様利用
した場合の代金(総額)
G シングル相部屋可 US$9,990※約¥1,379,119
F トリプル相部屋可 US$6,590※約¥909,749
E フレンチバルコニー・スイート相部屋可 US$8,790※約¥1,213,459 US$15,382.50※約¥2,123,554
D アルバトロス・ステート相部屋可 US$8,490※約¥1,172,044 US$14,857.50※約¥2,051,077
C バルコニー・ステート相部屋可 US$9,490※約¥1,310,094 US$16,607.50※約¥2,292,665
B2 バルコニー・スイート相部屋可 US$10,590※約¥1,461,949 US$18,532.50※約¥2,558,411
B1 バルコニー・スイート相部屋可 US$12,490※約¥1,724,244 US$21,857.50※約¥3,017,427
A ジュニアスイート相部屋可 US$13,990※約¥1,931,319 US$24,482.50※約¥3,379,809
PS プレミアム・スイート相部屋可 US$16,990※約¥2,345,469 US$29,732.50※約¥4,104,571
  • ※日本円表記は、2022年08月10日 10:26時点の為替レートで算出した概算です。

客室詳細

  • 客室タイプ
    客室定員
    広さ
    客室からの眺望
  • 客室タイプ G シングル
    客室定員 1名
    広さ 18m²
    客室からの眺望 丸窓
    ダブルベッド、シャワ―付
    マッドルームの近くにあるキャビンで、ゾディアックボートの乗船および下船時に、乗り場に簡単にアクセスできます。
  • 客室タイプ F トリプル
    客室定員 3名
    広さ 22m²
    客室からの眺望 丸窓
    ツインベッドとソファベッド、シャワ―付
    マッドルームの近くにあるキャビンで、ゾディアックボートの乗船および下船時に、乗り場に簡単にアクセスできます。
  • 客室タイプ E フレンチバルコニー・スイート
    客室定員 2名
    広さ 16㎡
    客室からの眺望 床から天井までの窓
    フレンチバルコニー、シングルベッド2台又はダブルベッド、シャワ―付
    ※床から天井までの窓は、開閉ができます。
  • 客室タイプ D アルバトロス・ステート
    客室定員 2名
    広さ 22m²
    客室からの眺望 丸窓
    シングルベッド2台又はダブルベッド、シャワ―付
    マッドルームの近くにあるキャビンで、ゾディアックボートの乗船および下船時に、乗り場に簡単にアクセスできます。
  • 客室タイプ C バルコニー・ステート
    客室定員 3名
    広さ 24㎡
    客室からの眺望 バルコニー
    バルコニー、シングルベッド2台又はダブルベッド、シャワ―付
    家族で旅行する場合、ソファを子供向けのベッドとして使用できます。
    コネクティングドア付きの2つのキャビンを予約したい場合、このカテゴリーが便利です。
  • 客室タイプ B2 バルコニー・スイート
    客室定員 3名
    広さ 28㎡
    客室からの眺望 バルコニー
    バルコニー、ツインベッド又はダブルベッド、シャワ―付
    シーティングエリア
  • 客室タイプ B1 バルコニー・スイート
    客室定員 2名
    広さ 35㎡
    客室からの眺望 バルコニー
    バルコニー、ツインベッド又はダブルベッド、シーティングエリア、シャワ―付
  • 客室タイプ A ジュニアスイート
    客室定員 3名
    広さ 42㎡
    客室からの眺望 バルコニー
    ジュニア・スイートには、ツインベッド又はダブルベッド、ソファベッド、シーティングエリア、シャワ―付
    キャビンは3人まで宿泊することができます。
  • 客室タイプ PS プレミアム・スイート
    客室定員 2名
    広さ 45㎡
    客室からの眺望 バルコニー
    バルコニー、ダブルベッド又はツインベッド、ソファベッド、テーブルと椅子、シャワ―付
    ※リビングとベッドルームの二間からなり、バスルームは広々としています。

客室タイプから選ぶ

  • G シングル相部屋可
    代金(お一人様)
    US$9,990※約¥1,379,119
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    • ※日本円表記は、2022年08月10日 10:26時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ G シングル
    客室定員 1名
    広さ 18m²
    客室からの眺望 丸窓
    ダブルベッド、シャワ―付
    マッドルームの近くにあるキャビンで、ゾディアックボートの乗船および下船時に、乗り場に簡単にアクセスできます。
  • F トリプル相部屋可
    代金(お一人様)
    US$6,590※約¥909,749
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    • ※日本円表記は、2022年08月10日 10:26時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ F トリプル
    客室定員 3名
    広さ 22m²
    客室からの眺望 丸窓
    ツインベッドとソファベッド、シャワ―付
    マッドルームの近くにあるキャビンで、ゾディアックボートの乗船および下船時に、乗り場に簡単にアクセスできます。
  • E フレンチバルコニー・スイート相部屋可
    代金(お一人様)
    US$8,790※約¥1,213,459
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    US$15,382.50※約¥2,123,554
    • ※日本円表記は、2022年08月10日 10:26時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ E フレンチバルコニー・スイート
    客室定員 2名
    広さ 16㎡
    客室からの眺望 床から天井までの窓
    フレンチバルコニー、シングルベッド2台又はダブルベッド、シャワ―付
    ※床から天井までの窓は、開閉ができます。
  • D アルバトロス・ステート相部屋可
    代金(お一人様)
    US$8,490※約¥1,172,044
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    US$14,857.50※約¥2,051,077
    • ※日本円表記は、2022年08月10日 10:26時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ D アルバトロス・ステート
    客室定員 2名
    広さ 22m²
    客室からの眺望 丸窓
    シングルベッド2台又はダブルベッド、シャワ―付
    マッドルームの近くにあるキャビンで、ゾディアックボートの乗船および下船時に、乗り場に簡単にアクセスできます。
  • C バルコニー・ステート相部屋可
    代金(お一人様)
    US$9,490※約¥1,310,094
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    US$16,607.50※約¥2,292,665
    • ※日本円表記は、2022年08月10日 10:26時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ C バルコニー・ステート
    客室定員 3名
    広さ 24㎡
    客室からの眺望 バルコニー
    バルコニー、シングルベッド2台又はダブルベッド、シャワ―付
    家族で旅行する場合、ソファを子供向けのベッドとして使用できます。
    コネクティングドア付きの2つのキャビンを予約したい場合、このカテゴリーが便利です。
  • B2 バルコニー・スイート相部屋可
    代金(お一人様)
    US$10,590※約¥1,461,949
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    US$18,532.50※約¥2,558,411
    • ※日本円表記は、2022年08月10日 10:26時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ B2 バルコニー・スイート
    客室定員 3名
    広さ 28㎡
    客室からの眺望 バルコニー
    バルコニー、ツインベッド又はダブルベッド、シャワ―付
    シーティングエリア
  • B1 バルコニー・スイート相部屋可
    代金(お一人様)
    US$12,490※約¥1,724,244
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    US$21,857.50※約¥3,017,427
    • ※日本円表記は、2022年08月10日 10:26時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ B1 バルコニー・スイート
    客室定員 2名
    広さ 35㎡
    客室からの眺望 バルコニー
    バルコニー、ツインベッド又はダブルベッド、シーティングエリア、シャワ―付
  • A ジュニアスイート相部屋可
    代金(お一人様)
    US$13,990※約¥1,931,319
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    US$24,482.50※約¥3,379,809
    • ※日本円表記は、2022年08月10日 10:26時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ A ジュニアスイート
    客室定員 3名
    広さ 42㎡
    客室からの眺望 バルコニー
    ジュニア・スイートには、ツインベッド又はダブルベッド、ソファベッド、シーティングエリア、シャワ―付
    キャビンは3人まで宿泊することができます。
  • PS プレミアム・スイート相部屋可
    代金(お一人様)
    US$16,990※約¥2,345,469
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    US$29,732.50※約¥4,104,571
    • ※日本円表記は、2022年08月10日 10:26時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ PS プレミアム・スイート
    客室定員 2名
    広さ 45㎡
    客室からの眺望 バルコニー
    バルコニー、ダブルベッド又はツインベッド、ソファベッド、テーブルと椅子、シャワ―付
    ※リビングとベッドルームの二間からなり、バスルームは広々としています。

デッキ

  • デッキ7
  • デッキ6
  • デッキ4
  • デッキ3
●食事条件:朝食10回、昼食9回、夕食10回。
●1名様参加について
 ※客室シングル利用の場合:追加代金のお支払いで、ツイン客室をお1人様でご利用いただけます。
 ※一部客室、追加代金なしで相部屋利用でのリクエストができます。ご予約の際ご相談ください。
●乗船日の前日までに集合地へご到着しているご旅程をご計画ください。
●代金のお支払いは、日本円にてお振り込みいただきます。
●為替レートは、請求書発行日の銀行キャッシュ・セリングレート(CASH S.)を適用いたします。
 ※為替レートは、日々変動しますので、予約時にご確認ください。

●この探検クルーズには、以下も含まれています。
(1)下船日、カンゲルルススアークからコペンハーゲンまでの航空機
(2)フィヨルドをゾディアックボートでゆったりとクルージング
(3)タシーラクとクングミュット、ヌーク、ケケルタルスアク、イルリサット、イティレックで町や集落の観光
(4)ケケルタルスアクで教会の訪問とカフェミック

代金に含まれるもの

● 下船日、カンゲルルススアークからコペンハーゲンまでの航空機
● フィヨルドをゾディアックボートでゆったりとクルージング
● タシーラクとクングミュット、ヌーク、ケケルタルスアク、イルリサット、イティレックで町や集落の観光
● ケケルタルスアクで教会の訪問とカフェミック
● クルーズ中の船内での宿泊と清掃
● クルーズ中の船内での食事(朝、昼・夕食)
● 船内でのコーヒーと紅茶の24時間無料提供
● ウェルカムカクテル&フェアウェル・カクテル
● 語を話すエクスペディション・チーム
● 経験豊富なエクスペディション・リーダーとチームによる案内とレクチャー
● ディアックボートでの海岸への上陸
● 条件が許せば、旅程に基づいての自然観察ハイキングとゾディアッククルーズ
● 特別な写真のワークショップ
● ゴム長靴の貸与
● 港湾使用料、AECO料金、税金、関税
● 探検クルーズ終了後、航海記録、写真、野生生物リストなどを含む「デジタル・ビジュアル・ジャーナル・リンクの提供」

代金に含まれないもの

● 日程に明示されていない航空機
● ホテルでの宿泊
● コーヒーと紅茶、冷たい飲料水以外の飲物
● 陸上での食事
● 2名一室利用の客室をシングル利用する場合のシングル追加代金と客室のアップグレード
● 日程に明示されていない追加のエクスカーションやアクティビティ
● 海外旅行保険&キャンセル保険
● 乗組員の船内チップ(お一人様1日当たりUS$ 13.50)
● エクスペディション・パルカ
● 個人的な費用
● 「含まれる」と明記されていないもの
● カヤック US$ 250

アドベンチャー・オプション | ADVENTURE OPTIONS

  • ゾディアック
  • ハイキング
  • レクチャー
  • カヤック
  • テイスティング
  • ボート・トリップ
  • 氷河トリップ
  • アイスフィヨルド・フライトシーイング
探検クルーズに欠かせないゾディアックは、ビーチ、海岸の崖、川岸、さらには海に浮かぶ流氷を押す事もできる頑丈なボートです。この探索方法は従来のクルーズと区別する利点の1つで、お客様が異なる視点から風景を探索することができます。多くは主要なエクスカーションでインフラが整っていない荒野でも安全に上陸する事ができ、氷山の周り、野生生物に近づいたり、氷の形成を間近で見たり、写真撮影を安全にご案内する事ができます。また途中でユニークな物や動物を目撃した場合、急遽使用することもあります。
通常の階段を昇り降りする事ができれば、簡単に乗り降りをする事ができます。ギャングウェイには、乗組員がいてしっかりとサポートしてくれます。海岸では、必要に応じてサポートを受ける事も出来ますがサポートを受け入れる事が出来るよう、両手を空けておく事が重要です。ボートに座って、ロープを握り、新鮮な極地の空気をお楽しみください
極地に足を踏み入れる機会は素晴らしい経験ですが、ミニ探検で、白い世界を歩く事は本当の冒険です。氷床に足を踏み入れる人はほとんどいませんが、素晴らしい氷の風景が広がる場所をほんの少しだけ探検する人はたくさんいます。この小旅行では丘や谷をさまよい、最終的には氷から溶けた水によって形成されたクリスタルブルーの小川、川、滝、湖に囲まれていることに気付くことでしょう。
アイゼンとハイキングポールの装備を整えて氷床を歩くことは、丘陵地帯をトレッキングするよりも少し難しいですが、ガイドからテクニックをお教えいたします。氷床でのハイキングは、丘陵地帯をトレッキングすることほど難しいことではなく、あらゆるレベルの経験をする事ができます。足元の厚さ500mにも及ぶ氷床は、太古からの氷が積み重なっています。昼食を楽しむのに理想的な場所を求めて北極の砂漠をさまよいます。ここでの飲料水は氷河湖から直接来ています。
エクスペディション・チームにより、客船が辿るルートや船内プログラムまで旅のあらゆる側面をレクチャーでご案内します。これにより、絶景や野生生物を楽しむだけでなく上陸活動やゾディアッククルーズのたびに動植物や訪れた場所の文化や歴史まで、各場所や見るものすべてを理解できるよう包括的な探検クルーズを提供します。そして旅行全体の経験として、お客様がご自宅に戻られた後も素晴らしい思い出となる事でしょう。
教育プログラムでは、歴史家、生物学、動物学、氷河学、地質学、鳥類学者が乗船し、その分野の知識を共有することで、お客様が直面している世界をより深く理解し、それによってどのような行動が可能かをより明確に理解できるようにレクチャーやプレゼンテーションを行います。また専門家も特定の時間デッキに出て、お客様と一緒に知識と情熱を共有します。
天候と海象状況を考慮し、安全を確保しながら経験豊富なカヤックガイドの指導の下、海の上を滑るように進み、雄大な氷山、様々な海鳥やアザラシ、クジラなどの大自然や野生生物を観察します。極地の旅行中、カヤックガイドの指導で安全に案内されながら、忘れる事が出来ないほどの感動を味わいます。カヤックのアクティビティは、南極と北極の両方の探険クルーズで実施いたします。南極地域では、殆どの場所でカヤックをするチャンスがありますが、天候と海象、氷の状態を考慮の上、安全を確保して、実施する時間と場所が決まります。このアクティビティに参加するには、シーカヤックの経験が必要です。また、カヤックマスターによる必須の安全に関する説明会に参加する必要があります。

お一人様 US$ 250 ※ご予約は船内にて承ります。
初期の探検家が探検を行う際、彼らには選択肢がほとんどなく、栄養と飲み物の選択肢は、さらに少なかったのです。
ありがたいことに、時代は変わりました。オーシャン・アトランティックとオーシャン・ヴィクトリーの船内レストランには、ワインとビールのセレクションをご用意しています。バーには、さまざまなカクテル、ビール、ノンアルコール飲料などが揃っています。さらに、どの航海に乗船するかによって、さまざまなワインの試飲やその他の喉の渇きを癒すアクティビティが提供されます。
広いオープンスペース、さわやかな空気、魅惑的な景色と穏やかな自然環境のユニークなボート・トリップにご参加ください。
アルバトロス・エクスペディションズ社のボートの一艘に乗船し、氷河、川、神秘的なラグーンなどの景色をお楽しみください。
氷床はグリーンランドの最大の魅力の1つです。氷床は国土の80%を覆っていますが、大きさは毎年小さくなっています。私たちの目的地は、トナカイ氷河と呼ばれる場所です。氷は壁のように高く、60mの所もあり、陸と氷のコントラストがはっきりしています。この名前は、トナカイが頻繁に見られることに由来していますが、動物がいなくても無数のテーマを持つ世界クラスの光景です。景色と静けさが思考に手付かずの自然の真っ白な美しさをもたらします。この地域での氷河への旅では、岩だらけの地形や砂利道走る4WD車のツンドラコーチで移動します。
途中、トナカイやジャコウウシなど野生生物に目を光らせながら、ガイドによるこの地域の歴史や物語を聞きながら進みます。暖かい夏の間、氷河の薄化と不安定な巨大な氷の壁は突然崩落することがあるので、安全な距離を保ちながら、滝から氷河の端まで平行に歩き、様々な角度から景色を満喫してください
巨大な氷山がイルリサット・アイスフィヨルドの河口に向けて押し寄せ、ディスコ湾に流れ込む様子をご覧ください。
アイスフィヨルドのすぐ南にあるイリマナクの小さな集落を見てみましょう。運が良ければ、イルリサットに戻る途中、湾にいる多くのクジラを見ることが出来るかもしれません。
  • ゾディアック
    探検クルーズに欠かせないゾディアックは、ビーチ、海岸の崖、川岸、さらには海に浮かぶ流氷を押す事もできる頑丈なボートです。この探索方法は従来のクルーズと区別する利点の1つで、お客様が異なる視点から風景を探索することができます。多くは主要なエクスカーションでインフラが整っていない荒野でも安全に上陸する事ができ、氷山の周り、野生生物に近づいたり、氷の形成を間近で見たり、写真撮影を安全にご案内する事ができます。また途中でユニークな物や動物を目撃した場合、急遽使用することもあります。
    通常の階段を昇り降りする事ができれば、簡単に乗り降りをする事ができます。ギャングウェイには、乗組員がいてしっかりとサポートしてくれます。海岸では、必要に応じてサポートを受ける事も出来ますがサポートを受け入れる事が出来るよう、両手を空けておく事が重要です。ボートに座って、ロープを握り、新鮮な極地の空気をお楽しみください
  • ハイキング
    極地に足を踏み入れる機会は素晴らしい経験ですが、ミニ探検で、白い世界を歩く事は本当の冒険です。氷床に足を踏み入れる人はほとんどいませんが、素晴らしい氷の風景が広がる場所をほんの少しだけ探検する人はたくさんいます。この小旅行では丘や谷をさまよい、最終的には氷から溶けた水によって形成されたクリスタルブルーの小川、川、滝、湖に囲まれていることに気付くことでしょう。
    アイゼンとハイキングポールの装備を整えて氷床を歩くことは、丘陵地帯をトレッキングするよりも少し難しいですが、ガイドからテクニックをお教えいたします。氷床でのハイキングは、丘陵地帯をトレッキングすることほど難しいことではなく、あらゆるレベルの経験をする事ができます。足元の厚さ500mにも及ぶ氷床は、太古からの氷が積み重なっています。昼食を楽しむのに理想的な場所を求めて北極の砂漠をさまよいます。ここでの飲料水は氷河湖から直接来ています。
  • レクチャー
    エクスペディション・チームにより、客船が辿るルートや船内プログラムまで旅のあらゆる側面をレクチャーでご案内します。これにより、絶景や野生生物を楽しむだけでなく上陸活動やゾディアッククルーズのたびに動植物や訪れた場所の文化や歴史まで、各場所や見るものすべてを理解できるよう包括的な探検クルーズを提供します。そして旅行全体の経験として、お客様がご自宅に戻られた後も素晴らしい思い出となる事でしょう。
    教育プログラムでは、歴史家、生物学、動物学、氷河学、地質学、鳥類学者が乗船し、その分野の知識を共有することで、お客様が直面している世界をより深く理解し、それによってどのような行動が可能かをより明確に理解できるようにレクチャーやプレゼンテーションを行います。また専門家も特定の時間デッキに出て、お客様と一緒に知識と情熱を共有します。
  • カヤック
    天候と海象状況を考慮し、安全を確保しながら経験豊富なカヤックガイドの指導の下、海の上を滑るように進み、雄大な氷山、様々な海鳥やアザラシ、クジラなどの大自然や野生生物を観察します。極地の旅行中、カヤックガイドの指導で安全に案内されながら、忘れる事が出来ないほどの感動を味わいます。カヤックのアクティビティは、南極と北極の両方の探険クルーズで実施いたします。南極地域では、殆どの場所でカヤックをするチャンスがありますが、天候と海象、氷の状態を考慮の上、安全を確保して、実施する時間と場所が決まります。このアクティビティに参加するには、シーカヤックの経験が必要です。また、カヤックマスターによる必須の安全に関する説明会に参加する必要があります。

    お一人様 US$ 250 ※ご予約は船内にて承ります。
  • テイスティング
    初期の探検家が探検を行う際、彼らには選択肢がほとんどなく、栄養と飲み物の選択肢は、さらに少なかったのです。
    ありがたいことに、時代は変わりました。オーシャン・アトランティックとオーシャン・ヴィクトリーの船内レストランには、ワインとビールのセレクションをご用意しています。バーには、さまざまなカクテル、ビール、ノンアルコール飲料などが揃っています。さらに、どの航海に乗船するかによって、さまざまなワインの試飲やその他の喉の渇きを癒すアクティビティが提供されます。
  • ボート・トリップ
    広いオープンスペース、さわやかな空気、魅惑的な景色と穏やかな自然環境のユニークなボート・トリップにご参加ください。
    アルバトロス・エクスペディションズ社のボートの一艘に乗船し、氷河、川、神秘的なラグーンなどの景色をお楽しみください。
  • 氷河トリップ
    氷床はグリーンランドの最大の魅力の1つです。氷床は国土の80%を覆っていますが、大きさは毎年小さくなっています。私たちの目的地は、トナカイ氷河と呼ばれる場所です。氷は壁のように高く、60mの所もあり、陸と氷のコントラストがはっきりしています。この名前は、トナカイが頻繁に見られることに由来していますが、動物がいなくても無数のテーマを持つ世界クラスの光景です。景色と静けさが思考に手付かずの自然の真っ白な美しさをもたらします。この地域での氷河への旅では、岩だらけの地形や砂利道走る4WD車のツンドラコーチで移動します。
    途中、トナカイやジャコウウシなど野生生物に目を光らせながら、ガイドによるこの地域の歴史や物語を聞きながら進みます。暖かい夏の間、氷河の薄化と不安定な巨大な氷の壁は突然崩落することがあるので、安全な距離を保ちながら、滝から氷河の端まで平行に歩き、様々な角度から景色を満喫してください
  • アイスフィヨルド・フライトシーイング
    巨大な氷山がイルリサット・アイスフィヨルドの河口に向けて押し寄せ、ディスコ湾に流れ込む様子をご覧ください。
    アイスフィヨルドのすぐ南にあるイリマナクの小さな集落を見てみましょう。運が良ければ、イルリサットに戻る途中、湾にいる多くのクジラを見ることが出来るかもしれません。

申込金・取消料 | DEPOSITS/CANCELLATION FEE

【申込金】
・クルーズ代金の25%です。

【残金のお支払い】
・ご旅行出発の90日前までにお支払いいただきます。
※出発の90日前以降にご予約の場合は、予約後72時間以内にクルーズ代金全額をお支払いいただきます。

【取消料】
・旅行開始日の前日から起算してさかのぼって予約時から180日前まで、US$1,000
・旅行開始日の前日から起算してさかのぼって179日前~91日前まで、クルーズ代金の25%
・旅行開始日の前日から起算してさかのぼって90日前~当日まで、クルーズ代金の100%
・旅行開始後・無連絡不参加の場合、クルーズ代金の100%

【変更手数料】
お客様の都合による名義変更や予約変更される場合。
・ご予約確定後~91日前まで、お1人様あたりUS$ 125
・出発の90日前以降、お1人様あたりUS$ 250+航空券の変更料

※ご旅行をキャンセルされる場合には、必ず文書にてご連絡をお願いいたします。
※ご旅行出発前に病気や怪我等で旅行をキャンセルしなければならなくなった時のため、クルーズ旅行取消費用担保特約(キャンセル保険)のご加入をおすすめいたします。

海外旅行保険 | TRAVEL INSURANCE

海外旅行保険の加入が参加条件となります。

北極旅行では、人間の住んでいない遠隔地を訪れます。病気や怪我で緊急に治療が必要になった場合、北極から高度な医療設備の整った病院へ搬送するために飛行機のチャーター代等、莫大な費用が発生します。
この北極旅行にご参加するお客様は、3,000万円以上の傷害死亡、傷害後遺障害、治療・救援費用等を含むセットタイプへの加入が参加条件となり、クレジットカード付帯の保険では北極旅行をお引き受けできません。詳細につきましてはお問い合わせください。
南極・北極旅行&クルーズについて
お気軽にお問い合わせください
お電話でのお問い合わせ03-6228-3981平日9:30~18:30(土日祝休)メールでのお問い合わせパンフレット請求
クルーズライフについて
株式会社クルーズライフは、南極・北極旅行&クルーズの専門店です。二十数年の豊かな経験を持つスタッフが日本のお客様に極地への旅をお届けいたします。
南極旅行・北極旅行&クルーズの手配は、極地旅行(南極・北極)の専門店、株式会社クルーズライフへ。
観光庁長官登録旅行業第2054号/一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
クルーズライフの詳細はこちらクルーズライフFacebookページ