南極・北極旅行&クルーズ 株式会社クルーズライフ

クォーク・エクスペディションズ

クォーク・エクスペディションズ社
日本地区正規代理店

03-6228-3981営業時間:09:30~18:30(土日祝休)

南極旅行
南極クルーズ

オゾンホール | OZONE HOLE

現在は、アメリカ全土を覆うほど大きく広がっている

大気現象研究によれば南極・北極上空の風の動きに極地的な変化が見られ、その変化が冬期の数ヶ月間に地球の他の部分から極地の空気を遮断する作用をしているという事が報告されています。この遮断作用は大体、空気の温度が最も冷たくなった時に最も完璧な形をとる様です。北極ではこの現象が2ヶ月に亘って続き、南極では5ヶ月間も続きます。

1985年に英国の南極観測所が1957年から開始された南極気象の長期観測による結果を発表しました。記録採取が開始されてから毎年9月~11月の間、南極のオゾン(低い大気の中には殆ど見られない酸素の形のひとつ)の著しい枯渇が見られる様になりました。ケンブリッジにある観測局では南極上空のオゾン層の希薄化は、1976年頃から大幅に増加していると報告しています。最大になる時点では、南極上空を覆う年間のオゾン・ホールが現在は、アメリカ全土を覆うほど大きく広がっているとみなされています。

成層圏の中にも少量のオゾンを発見する事ができます。しかしながら、オゾン層は地球全体を覆う膜の様な形で人類や生物を致命的な紫外線(UV)から保護してくれる非常に重要な大気層なのです。この紫外線はその波長からA紫外線と B紫外線の二つに分類されます。(B紫外線は、A紫外線より波長が短い)
B紫外線は生命にとって一番危険な紫外線です。人間にとって日焼けや皮膚癌の原因になると同時に白内障を起こす原因ともなります。同時にバクテリアや食料用の穀物に対しても致命的な被害を与えます。

オゾン層の破壊、最大の被害を与えるのは、、

最近になって南極大陸のアンバース島にある米国のパーマー基地での研究結果から増大したB紫外線はプランクトンの光合成による増殖を妨げるという報告がなされました。プランクトンの中にあるより小さな種(原子核)が殺されている可能性があります。このような変化はどの様なものであれ南極の植物連鎖の基本を破壊し全体のエコシステムに多大な影響を与えかねません。増加したB紫外線がケンミジンコなどの極小水生生物を殺しているという同様な報告がありますが、まだオキアミに対する長期間の影響があるかどうかは解明されていません。

オゾン層の破壊には各種燃料類の影響が考えられますが、最大の被害を与えるのは塩素です。塩素は人間が製造した冷蔵庫や冷暖房器具、溶解剤、プラスチック成形、エアースプレーの推進燃料などに使用されるフロンガス化合物に含まれるもので、それが大気中に発散されて塩素が上空に達するのです。

南極での研究が人類に最初の警告を与える一方で、オゾン層が北極上空でも定期的な希薄化をこうむっていることが判明し、その他の地域でも小規模の希薄化が始まっている様です。そのため、現在多くの国々がフロンガスやそれに関連する化合物を使用する製品の規制を初めています。