南極・北極旅行&クルーズ 株式会社クルーズライフ

アバディーン発/オスロ着

アバディーン発/オスロ着

スコットランドからスピッツベルゲン島への探検クルーズ11日間

  • 日本人通訳乗船
  • 日本人スタッフ乗船
  • 日本人EXスタッフ乗船
  • 割引設定コース
  • 添乗員同行
旅行開始日~終了日 2022年05月29日~06月08日
期間 11日間
集合地 アバディーン(Aberdeen)
解散地 オスロ(Oslo)
利用客船 オーシャン アトランティック
アドベンチャー・
オプション

コースの紹介 | OVERVIEW

北大西洋の北極圏の島々ほど野生で荒野な場所はありません。オーシャン・アトランティックは、このような航海に適しています。
アバディーンから緑豊かなシェトランド諸島、フェロー諸島の首都のトースハウン、北極圏の島々であるヤンマイエン島とスヴァールバル諸島へと向かう初夏の探検クルーズに参加してみませんか。渡り鳥たちと一緒に北上し、24時間太陽の沈まない白夜の中、海氷で狩りをしているホッキョクグマに出会えるかもしれません。

この探検クルーズはスコットランド東海岸のアバディーンから始まります。快適な探検客船オーシャン・アトランティック号に乗船します。最初の目的地はシェトランド諸島の行政中心地ラーウィックで、その後、フェロー諸島のトースハウンへと北上します。海鳥やクジラを観察した後、高さ2,200mのベーレンベルク火山がそびえ立つ神秘の孤島ヤンマイエン島を訪れます。春の陽気と白夜の光に照らされながら北上し、雪に覆われたスヴァールバル諸島の山々にたどり着きます。フィヨルドは多くの海氷で覆われていますが、オーシャン・アトランティックのアイスクラスは1Bで、耐氷能力が高く安全です。屋外デッキから氷の上にいるホッキョクグマの観察やゾディアックボートのクルージングで北極の自然を身近に感じられることでしょう。さらに北上してコングス・フィヨルド、ニーオルスン、スミーレンブルグ、そしてスピッツベルゲン島の北西端にあるイトレ・ノルスコーヤ(Yttre Norskøya)まで行きます。天候や氷の状態によってコースが変更になる場合もありますが、ゾディアックボートでの上陸は毎回ユニークで冒険的なものになるでしょう。このツアーに参加するにあたり特別な条件はありませんが、体調が良く、機敏で足腰が良いことが前提となります。ゾディアックボートを利用して上陸することもあり、乗り降りする際にはある程度の機敏さが求められます。旅は、春から初夏にかけて行われ、穏やかな海、日差し、気温は10℃~15℃と予想されます。11日間の素晴らしい旅を終えた後、ロングイヤー・ビーエンで下船し、チャーター機でオスロに向かいます。オスロ到着後、解散となります。

ギャラリー | GALLERY

  • ゾディアッククルーズ/北極旅行
    ゾディアッククルーズ/北極旅行
  • ゾディアッククルーズ/北極旅行
    ゾディアッククルーズ/北極旅行
  • セイウチ/北極旅行
    セイウチ/北極旅行
  • 北極クルーズ
    北極クルーズ
  • ロングイヤー・ビーエン/北極旅行
    ロングイヤー・ビーエン/北極旅行

スケジュール | ITINERARY

スケジュールの詳細をすべて表示スケジュールの詳細をすべて閉じる
  • 01 日目アバディーン乗船/出港
    • オーシャン・アトランティック/北極クルーズ
    この旅はスコットランド北東部のアバディーンから始まります。ディー川の波止場にオーシャン・アトランティク号が停泊しています。午後、乗船します。安全に関する説明会と避難訓練が行われます。
    夕刻、アバディーンを出港し、ディー川の河口を抜け、北海を航行します。
    宿泊
    船中
    食事
    • 食事なし
    • 食事なし
    • 夕食
  • 02 日目ラーウィック、シェトランド諸島観光
    • シェトランド諸島/スコットランド
    午前、シェトランド諸島のメインランド島にあるラーウィックに接近します。シェトランド諸島は100以上の島と海岸で構成されており、そのうち15島だけが有人島です。この島々はイギリスの最北端で、スコットランド本土から北へ約300kmに位置しています。北大西洋上の「中央」にあり、古くから多くの人々が島々訪れ、方言や民俗学、地名を通じてスカンジナビアの遺産は今でも輝きを放っています。港に到着後、ラーウィックからスカロウェイに向けドライブに出発します。途中、高台から魅力的な村やスカロウェイ城の景色をお楽しみ頂きます。その後、地元では「ブラックゲート」として知られている地域を東へ進みます。ここは今でも泥炭を切り出して燃料として使用しています。道を北へ進むとメインの目的地クリッキミン・ブロッホに到着します。保存状態が良く、修復されたブロッホ(スコットランドの要塞)を見学し鉄器時代の生活について学ぶことができます。その後、昼にラーウィックに戻ります。
    午後に出港する前に、最後の時間をのんびりとお過ごしください。

    (注)このバス旅行は、エクスカーションパッケージの一部であり、クルーズ代金には含まれていません。別途料金となります。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 03 日目トースハウン、フェロー諸島観光
    • 北極旅行
    朝食後、世界最小の首都と言われるフェロー諸島のトースハウンに到着します。この諸島は点在する18の島々で構成されています。
    トースハウンは草屋根の魅力的な国会議事堂を中心に、ショップ、カフェ、さらには3つの信号機があり賑やかな近代都市になりました。午前中はオプショナルのバスツアーに参加して歴史を振り返ることができます。首都を出発し南の山を越えます。
    フェロー諸島の気候は「安定した不安定」のため雲の上を走り、途中で霧が発生することも多々あり、晴れてくる可能性もあります。
    島で最も重要な史跡であるチュシチュボアに到着します。ここは中世における宗教の中心地であり、誰もが認める文化の中心地でもありました。おそらく未完成の印象的なマグナス大聖堂の遺跡とフェロー諸島に残る唯一の中世の教会である聖オラフ教会を訪れます。
    トースハウンに戻ると、港近くの古い城塞をのんびり散歩することができます。美術館や北欧の家への訪問もお勧めです。

    (注)このバス旅行は、エクスカーションパッケージの一部であり、クルーズ代金には含まれていません。別途料金となります。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 04 日目ノルウェー海クルーズ
    • レクチャー/北極旅行
    経験豊富なエクスペディションスタッフによるレクチャーや北極圏の自然についての映画、デッキで渡り鳥やクジラの観察など、船内でゆっくりお過ごしください。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 05 日目ヤンマイエン島観光
    • ヤンマイエン島/北極旅行
    北大西洋のほぼ中央に、謎に包まれた火山島ヤンマイエンがあります。厳密には中央ではありませんが、少なくともそれは火山が存在する理由となる大西洋中央海嶺に正確に位置しています。謎に包まれているのは、孤立しているだけでなく、その上にほぼ永久的な雲と霧がかかっているからです。ヤンマイエン島はノルウェー領で、2,000mを越えるベーレンベルク山はノルウェーにある300の山々で最も高い山の1つです。この島には18人しか住んでおらず、気象観測所とノルウェー国防省を運営しています。風と波の状況に応じて、南側か北側から島の最も狭い部分に上陸を予定しています。火山の起源は噴石と溶岩流で、ベーレンベルクは富士山のような姿をあらゆる場所から見ることができます。狭い地峡を散策した後、本船に戻り北に向けて出港します。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 06 日目グリーンランド海クルーズ
    • 北極旅行
    レクチャーや映画、ゲームなど船内でごゆっくりお寛ぎください。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 07 日目スピッツベルゲン島の沿岸クルーズ
    • ホッキョクグマ/北極旅行
    午後にはスヴァールバル諸島最大の島、スピッツベルゲン島に到着します。今後の航路は、状況により大きく変わる可能性があります。特に北極海や氷河からの流氷、冬に固く凍った海氷の状況によります。この本船は、耐氷能力優れていますが、安全に配慮しながら流氷の端に近づき、ホッキョクグマやアザラシを観察できるチャンスをうかがいます。島の西海岸は大西洋から上る暖かい海流によって冬の氷は解けていることでしょう。
    夜間に本船は、島の海岸に沿ってさらに北上します。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 08 日目ニーオルスン&コングス・フィヨルド観光
    • ゾディアック/北極旅行
    太陽沈まない明るい夜の間に、船はプリンス・カール・フォーランド島を通過し、壮大なコングス・フィヨルドに到着します。スヴァールバル諸島への訪問は初夏にあたるため、多くの冬の海氷がフィヨルドの内海を塞いでいる可能性がありますが、アザラシやホッキョクグマを観察する絶好の機会になります。この時期は渡り鳥が到着したばかりで、鳥たちは忙しい夏の数ヶ月に向けて活動を始めます。最初の上陸地はニーオルスンを予定しています。この集落はロングイヤー・ビーエンからさらに北に位置し、最北端の町となっています。科学基地が点在し、郵便局や1つの店が数時間オープンしています。科学プロジェクトや町の歴史は非常に興味深く、散策をお楽しみ頂ける予定です。引き続きコングス・フィヨルドを探索するため船はブロムストランド半島の背後に停泊します。ここはブルムストランド氷河が後退し浅瀬の海峡が現れブルムストランドは島になりました。ゾディアックボートでこの島に上陸を予定しています。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 09 日目スミーレンブルグ&イトレ・ノスコーヤ観光
    • スミーレンブルグ/北極旅行
    1973年に国立公園として登録された北西スヴァールバルに到着します。ゾディアックボートでヴィルゴハムナをクルージングしながらアザラシの観察や17世紀の伝説的な捕鯨の町スミーレンブルグに上陸します。200人以上の男性が鯨油生産の最盛期にここで生活し、かなりの数の人間が亡くなりました。スピッツベルゲン島の北西部は訪問すべき興味深い場所が多くあります。条件がよければ捕鯨者が見張り役を務めたイトレ・スコーヤに上陸を予定しています。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 10 日目プールピンテン観光
    • ミンククジラ/北極旅行
    夜の間にスピッツベルゲン島とプリンス・カールズ・フォーランドを隔てるフォーランズ海峡に入ります。目的地はイギリスの捕鯨船ジョナス・プールにちなんで名づけられたプールピンテン(プール岬)です。牙やヒゲのある大型哺乳類であるセイウチの群れがこの地域に生息していて遠くから見ることができます。その後、アイスフィヨルドの入口に向かって南下します。アイスフィヨルドを航行しながらロングイヤー・ビーエンに向かう途中、野生生物とスヴァールバル諸島のユニークな風景をお楽しみください。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 11 日目ロングイヤー・ビーエン入港/下船/発 ✈ オスロ着、解散
    • オーシャン・アトランティック/北極旅行
    朝、ロングイヤ・ービーエン入港。午前、朝食後、乗組員とエクスペディション・チームに別れを告げて下船。
    午前、下船後、港から空港への送迎いたします。午後、ロングイヤー・ビーエン発、空路チャーター機にてオスロへ
    夕刻、オスロ空港到着後、解散

    ご案内
    すべての観光は、天候や海象、氷の状況によります。ゾディアッククルーズやカヤックは適切な条件下で実施されます。全てのお客様とスタッフの安全を最優先にご案内いたします。クルーズ中に悪天候のため観光ができない場合には、船内のウェルネス&サウナ、レストラン、バー、図書室などの施設を利用してお楽しみください。この探検クルーズ中、専門家による探検の歴史や生物学、地質学、氷や野生生物などのレクチャーを予定しています。

    宿泊
    食事
    • 朝食
    • 食事なし
    • 食事なし

利用客船 | SHIP INFORMATION

オーシャン アトランティック
運航会社:
アルバトロス・エクスペディションズ

オーシャン アトランティック

客船タイプ 探検船
総トン数 12,798トン
全長 140m
全幅 21m
就航年/ 改装年 2016年改装
乗客定員 198名
客室数 104室
船籍国 バハマ
客船タイプ 探検船
総トン数 12,798トン
全長 140m
全幅 21m
就航年/ 改装年 2016年改装
乗客定員 198名
客室数 104室
船籍国 バハマ
2016年に大改装が施されて一新されたオーシャン・アトランティック号は、アイスクラス1Bの耐氷船で探険クルーズに最適な客船です。高い機動性と浅い喫水、強力なエンジンにより、孤立したフィヨルドへの長い航海が可能になり、南極への旅行者にとってエキサイティングな冒険が生まれます。全長140mの船内には、198人の乗客のための宿泊施設や複数のレクチャーホール、4つ星の国際的な料理を提供するレストラン、専門スタッフが配置されたバー、複数のデッキに展望台用のスペース、プールなど沢山のパブリックルームがあります。

エリクソンデッキのすべてのパブリックエリアには、大きなパネル窓があり、乗客は快適な屋内ラウンジから通り過ぎるクジラや素晴らしい光景をすばやく見つけることができます。また、丸窓または角窓のついたすべての客室(キャビン)サイズは、11~35㎡で、バスルームの設備、内線電話、温度調整装置、テレビが備わっています。そしてペンギンの営巣地や研究基地訪問などの上陸活動、ホエールウォッチングや氷山の見学では、搭載の20隻のゾディアックボートでご案内します。

旅行代金(お一人様) | PRICE (PER-PERSON)

客室タイプから選ぶ

客室タイプ 代金(お一人様) 客室をお一人様利用
した場合の代金(総額)
G シングル丸窓相部屋可 US$7,990※約¥1,055,718
F トリプル内側相部屋可 US$4,590※約¥606,476
E ツイン内側相部屋可 US$5,290※約¥698,967 US$9,257.50※約¥1,223,193
D ツイン丸窓相部屋可 US$5,990※約¥791,458 US$10,482.50※約¥1,385,052
C ツイン角窓相部屋可 US$6,690※約¥883,949 US$11,707.50※約¥1,546,911
B パノラマ・スイート相部屋可 US$9,490※約¥1,253,913 US$16,607.50※約¥2,194,348
B パノラマ・スイート(3名利用)相部屋可 US$9,490※約¥1,253,913
A パノラマ・スイート相部屋可 US$10,990※約¥1,452,108 US$19,232.50※約¥2,541,190
プレミアム・スイート相部屋可 US$11,990※約¥1,584,238 US$20,982.50※約¥2,772,417
  • ※日本円表記は、2022年05月18日 09:56時点の為替レートで算出した概算です。

客室詳細

  • 客室タイプ
    客室定員
    広さ
    客室からの眺望
  • 客室タイプ G シングル丸窓
    客室定員 1名
    広さ 9~10㎡
    客室からの眺望 丸窓
    シングルベッド、シャワー付
  • 客室タイプ F トリプル内側
    客室定員 3名
    広さ 18~21㎡ 
    客室からの眺望 無し
    ダブルベッド又はツインベッドと折りたたみ式シングルベッド
    シッティングエリア、バスタブ付


  • 客室タイプ E ツイン内側
    客室定員 2名
    広さ 18~21㎡ 
    客室からの眺望 無し
    ダブルベッド又はツインベッド、シッティングエリア、バスタブ付


  • 客室タイプ D ツイン丸窓
    客室定員 2名
    広さ 11~12㎡
    客室からの眺望 丸窓
    ツインベッド、シャワー付
  • 客室タイプ C ツイン角窓
    客室定員 2名
    広さ 12~13㎡
    客室からの眺望 角窓
    ツインベッド、シャワー付

    ※客室番号429には、バスタブが付いています。
  • 客室タイプ B パノラマ・スイート
    客室定員 2名
    広さ 20~23㎡
    客室からの眺望 角窓
    ダブルベッド又はツインベッド、ソファベッド、シッティングエリア、シャワ―付
    ※部分的に視界が遮られています。

  • 客室タイプ B パノラマ・スイート(3名利用)
    客室定員 3名
    広さ 20~23㎡
    客室からの眺望 角窓
    ダブルベッド又はツインベッド、ソファベッド、シッティングエリア、シャワ―付
    ※部分的に視界が遮られています。
  • 客室タイプ A パノラマ・スイート
    客室定員 3名
    広さ 19~24㎡
    客室からの眺望 角窓
    ダブルベッド又はツインベッド、
    シッティングエリア、シャワ―付

  • 客室タイプ プレミアム・スイート
    客室定員 2名
    広さ 35㎡ 
    客室からの眺望 角窓
    ダブルベッド又はツインベッド、シャワ―付
    ※キャビンはリビングルームとベッドルームの二間からなります。

客室タイプから選ぶ

  • G シングル丸窓相部屋可
    代金(お一人様)
    US$7,990※約¥1,055,718
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    • ※日本円表記は、2022年05月18日 09:56時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ G シングル丸窓
    客室定員 1名
    広さ 9~10㎡
    客室からの眺望 丸窓
    シングルベッド、シャワー付
  • F トリプル内側相部屋可
    代金(お一人様)
    US$4,590※約¥606,476
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    • ※日本円表記は、2022年05月18日 09:56時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ F トリプル内側
    客室定員 3名
    広さ 18~21㎡ 
    客室からの眺望 無し
    ダブルベッド又はツインベッドと折りたたみ式シングルベッド
    シッティングエリア、バスタブ付


  • E ツイン内側相部屋可
    代金(お一人様)
    US$5,290※約¥698,967
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    US$9,257.50※約¥1,223,193
    • ※日本円表記は、2022年05月18日 09:56時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ E ツイン内側
    客室定員 2名
    広さ 18~21㎡ 
    客室からの眺望 無し
    ダブルベッド又はツインベッド、シッティングエリア、バスタブ付


  • D ツイン丸窓相部屋可
    代金(お一人様)
    US$5,990※約¥791,458
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    US$10,482.50※約¥1,385,052
    • ※日本円表記は、2022年05月18日 09:56時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ D ツイン丸窓
    客室定員 2名
    広さ 11~12㎡
    客室からの眺望 丸窓
    ツインベッド、シャワー付
  • C ツイン角窓相部屋可
    代金(お一人様)
    US$6,690※約¥883,949
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    US$11,707.50※約¥1,546,911
    • ※日本円表記は、2022年05月18日 09:56時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ C ツイン角窓
    客室定員 2名
    広さ 12~13㎡
    客室からの眺望 角窓
    ツインベッド、シャワー付

    ※客室番号429には、バスタブが付いています。
  • B パノラマ・スイート相部屋可
    代金(お一人様)
    US$9,490※約¥1,253,913
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    US$16,607.50※約¥2,194,348
    • ※日本円表記は、2022年05月18日 09:56時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ B パノラマ・スイート
    客室定員 2名
    広さ 20~23㎡
    客室からの眺望 角窓
    ダブルベッド又はツインベッド、ソファベッド、シッティングエリア、シャワ―付
    ※部分的に視界が遮られています。

  • B パノラマ・スイート(3名利用)相部屋可
    代金(お一人様)
    US$9,490※約¥1,253,913
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    • ※日本円表記は、2022年05月18日 09:56時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ B パノラマ・スイート(3名利用)
    客室定員 3名
    広さ 20~23㎡
    客室からの眺望 角窓
    ダブルベッド又はツインベッド、ソファベッド、シッティングエリア、シャワ―付
    ※部分的に視界が遮られています。
  • A パノラマ・スイート相部屋可
    代金(お一人様)
    US$10,990※約¥1,452,108
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    US$19,232.50※約¥2,541,190
    • ※日本円表記は、2022年05月18日 09:56時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ A パノラマ・スイート
    客室定員 3名
    広さ 19~24㎡
    客室からの眺望 角窓
    ダブルベッド又はツインベッド、
    シッティングエリア、シャワ―付

  • プレミアム・スイート相部屋可
    代金(お一人様)
    US$11,990※約¥1,584,238
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    US$20,982.50※約¥2,772,417
    • ※日本円表記は、2022年05月18日 09:56時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ プレミアム・スイート
    客室定員 2名
    広さ 35㎡ 
    客室からの眺望 角窓
    ダブルベッド又はツインベッド、シャワ―付
    ※キャビンはリビングルームとベッドルームの二間からなります。

デッキ

  • 8階
  • 7階
  • 6階
  • 5階
  • 4階
  • 3階
●食事条件:朝食10回、昼食9回、夕食10回。
●1名様参加について
 ※客室シングル利用の場合:追加代金のお支払いで、ツイン客室をお1人様でご利用いただけます。
 ※一部客室、追加代金なしで相部屋利用でのリクエストができます。ご予約の際ご相談ください。
●乗船日の前日までに集合地へご到着しているご旅程をご計画ください。
●定員3名の客室をご予約の場合、3人目クルーズ代金50%割引(トリプルF客室対象外)
 ※オーシャン・ヴィクトリー&オーシャン・アルバトロス対象
●家族予約の場合、コネクティングドアのあるB&C客室対象で2部屋目のご予約が10%割引。
 ※オーシャン・ヴィクトリー&オーシャン・アルバトロス対象
●代金のお支払いは、日本円にてお振り込みいただきます。
●為替レートは、請求書発行日の銀行キャッシュ・セリングレート(CASH S.)を適用いたします。
 ※為替レートは、日々変動しますので、予約時にご確認ください。

●この探検クルーズには、以下も含まれています。
(1)ロングイヤー・ビーエンからオスロまでのチャーター機
(2)ロングイヤー・ビーエン港から空港までの送迎
(3)エクスペディション・チームと港の近くの町をウォーキング

代金に含まれるもの

● ロングイヤー・ビーエンからオスロまでのチャーター機
● ロングイヤー・ビーエン港から空港までの送迎
● エクスペディション・チームと港の近くの町をウォーキング
● クルーズ中の船内での宿泊と清掃
● クルーズ中の船内での食事(朝、昼・夕食)
● 船内でのコーヒーと紅茶の24時間無料提供
● ウェルカムカクテル&フェアウェル・カクテル
● 語を話すエクスペディション・チーム
● 経験豊富なエクスペディション・リーダーとチームによる案内とレクチャー
● ディアックボートでの海岸への上陸
● 条件が許せば、旅程に基づいての自然観察ハイキングとゾディアッククルーズ
● 特別な写真のワークショップ
● ゴム長靴の貸与
● 港湾使用料、AECO料金、税金、関税
● 探検クルーズ終了後、航海記録、写真、野生生物リストなどを含む「デジタル・ビジュアル・ジャーナル・リンクの提供」

代金に含まれないもの

● 日程に明示されていない航空機
● ホテルでの宿泊
● コーヒーと紅茶、冷たい飲料水以外の飲物
● 陸上での食事
● 2名一室利用の客室をシングル利用する場合のシングル追加代金と客室のアップグレード
● 日程に明示されていない追加のエクスカーションやアクティビティ
● 海外旅行保険&キャンセル保険
● 乗組員の船内チップ(お一人様1日当たりUS$ 13.50)
● エクスペディション・パルカ
● 個人的な費用
● 「含まれる」と明記されていないもの
● カヤック US$ 250

アドベンチャー・オプション | ADVENTURE OPTIONS

  • ゾディアック
  • レクチャー
  • 写真撮影
  • 野生生物の観察
  • テイスティング
  • バス旅行
  • ツンドラ
探検クルーズに欠かせないゾディアックは、ビーチ、海岸の崖、川岸、さらには海に浮かぶ流氷を押す事もできる頑丈なボートです。この探索方法は従来のクルーズと区別する利点の1つで、お客様が異なる視点から風景を探索することができます。多くは主要なエクスカーションでインフラが整っていない荒野でも安全に上陸する事ができ、氷山の周り、野生生物に近づいたり、氷の形成を間近で見たり、写真撮影を安全にご案内する事ができます。また途中でユニークな物や動物を目撃した場合、急遽使用することもあります。
通常の階段を昇り降りする事ができれば、簡単に乗り降りをする事ができます。ギャングウェイには、乗組員がいてしっかりとサポートしてくれます。海岸では、必要に応じてサポートを受ける事も出来ますがサポートを受け入れる事が出来るよう、両手を空けておく事が重要です。ボートに座って、ロープを握り、新鮮な極地の空気をお楽しみください
エクスペディション・チームにより、客船が辿るルートや船内プログラムまで旅のあらゆる側面をレクチャーでご案内します。これにより、絶景や野生生物を楽しむだけでなく上陸活動やゾディアッククルーズのたびに動植物や訪れた場所の文化や歴史まで、各場所や見るものすべてを理解できるよう包括的な探検クルーズを提供します。そして旅行全体の経験として、お客様がご自宅に戻られた後も素晴らしい思い出となる事でしょう。
教育プログラムでは、歴史家、生物学、動物学、氷河学、地質学、鳥類学者が乗船し、その分野の知識を共有することで、お客様が直面している世界をより深く理解し、それによってどのような行動が可能かをより明確に理解できるようにレクチャーやプレゼンテーションを行います。また専門家も特定の時間デッキに出て、お客様と一緒に知識と情熱を共有します。
アルバトロス・エクスペディションズ社の客船には、常に専任のエクスペディション写真家が乗船していて探検クルーズを記録し、レクチャーや上陸活動、ゾディアック・クルーズ中に写真への情熱をお客様と共有しています。極地は魅惑的な風景と素晴らしい野生生物でいっぱいです。エクスペディション写真家は、写真撮影のテクニックをお教えいたします。
私たちの探険クルーズの最大の喜びの1つは、極地の野生生物を安全な距離で観察し、自然の生息地でその美しさを楽しむことです。どの探検クルーズに参加するかによって、海鳥から極地特有の哺乳類、その他のエキゾチックな野生生物まで、多種多様な種に出会うチャンスがあります。アルバトロス・エクスペディションズ社では、地球を保護し、訪れた場所をそのままにしておくことを目指しています。このため、好奇心から身近に感じることもある多くの素晴らしい野生生物に出会うときは、安全な距離を保ち、節度を持って行動するようお願いします。
初期の探検家が探検を行う際、彼らには選択肢がほとんどなく、栄養と飲み物の選択肢は、さらに少なかったのです。
ありがたいことに、時代は変わりました。オーシャン・アトランティックとオーシャン・ヴィクトリーの船内レストランには、ワインとビールのセレクションをご用意しています。バーには、さまざまなカクテル、ビール、ノンアルコール飲料などが揃っています。さらに、どの航海に乗船するかによって、さまざまなワインの試飲やその他の喉の渇きを癒すアクティビティが提供されます。
私たちは今、お客様が、また戻ってきたいと思うような素晴らしい光景と興味深い活動でいっぱいのさまざまなエクスカーション(小旅行)を提供しています。ゆったりとしたペースで景色や訪れた場所を楽しむ自然愛好家のために特別に計画されたバス旅行は、アクティブな休暇を過ごすのに最適な方法で、リラックスして周囲の写真を撮るにも十分な時間があります。
バス旅行には、歴史や地域の情報に精通したツアーガイドが同行してご案内いたします。すべての旅は、アルバトロス・エクスペディションズ社の高水準の品質と確実なサービスを提供しています。
グリーンランドの巨大な氷冠と氷の海の縁の間に、カンゲルルススアークの壮大なツンドラがあります。ここにはグリーンランドで最も数多くのジャコウウシ、トナカイ、ホッキョクギツネ、ホッキョクグマ、野ウサギ、ホッキョクオオカミ、多数の鳥類などの陸生種が生息しています。北極圏の植物相の柔らかく自然な色合いが対照的に荒れた地形を強調しています。片側にフィヨルドがあり、反対側に巨大なグリーンランド氷床が隣接しているカンゲルルススアークは、驚くべきことにグリーンランド全体で最も氷のない土地の1つです。
比較的穏やかで乾燥した気候と豊富な食物があるこの環境では、トナカイとジャコウウシにとって楽園です。運が良ければ、自然の中を自由に歩き回るジャコウウシを観察し、これらの生き物について学ぶことができます。ジャコウウシは攻撃的で警告なしに突進する可能性があるため、その行動をどれだけ綿密に観察出来るかわかりません。
  • ゾディアック
    探検クルーズに欠かせないゾディアックは、ビーチ、海岸の崖、川岸、さらには海に浮かぶ流氷を押す事もできる頑丈なボートです。この探索方法は従来のクルーズと区別する利点の1つで、お客様が異なる視点から風景を探索することができます。多くは主要なエクスカーションでインフラが整っていない荒野でも安全に上陸する事ができ、氷山の周り、野生生物に近づいたり、氷の形成を間近で見たり、写真撮影を安全にご案内する事ができます。また途中でユニークな物や動物を目撃した場合、急遽使用することもあります。
    通常の階段を昇り降りする事ができれば、簡単に乗り降りをする事ができます。ギャングウェイには、乗組員がいてしっかりとサポートしてくれます。海岸では、必要に応じてサポートを受ける事も出来ますがサポートを受け入れる事が出来るよう、両手を空けておく事が重要です。ボートに座って、ロープを握り、新鮮な極地の空気をお楽しみください
  • レクチャー
    エクスペディション・チームにより、客船が辿るルートや船内プログラムまで旅のあらゆる側面をレクチャーでご案内します。これにより、絶景や野生生物を楽しむだけでなく上陸活動やゾディアッククルーズのたびに動植物や訪れた場所の文化や歴史まで、各場所や見るものすべてを理解できるよう包括的な探検クルーズを提供します。そして旅行全体の経験として、お客様がご自宅に戻られた後も素晴らしい思い出となる事でしょう。
    教育プログラムでは、歴史家、生物学、動物学、氷河学、地質学、鳥類学者が乗船し、その分野の知識を共有することで、お客様が直面している世界をより深く理解し、それによってどのような行動が可能かをより明確に理解できるようにレクチャーやプレゼンテーションを行います。また専門家も特定の時間デッキに出て、お客様と一緒に知識と情熱を共有します。
  • 写真撮影
    アルバトロス・エクスペディションズ社の客船には、常に専任のエクスペディション写真家が乗船していて探検クルーズを記録し、レクチャーや上陸活動、ゾディアック・クルーズ中に写真への情熱をお客様と共有しています。極地は魅惑的な風景と素晴らしい野生生物でいっぱいです。エクスペディション写真家は、写真撮影のテクニックをお教えいたします。
  • 野生生物の観察
    私たちの探険クルーズの最大の喜びの1つは、極地の野生生物を安全な距離で観察し、自然の生息地でその美しさを楽しむことです。どの探検クルーズに参加するかによって、海鳥から極地特有の哺乳類、その他のエキゾチックな野生生物まで、多種多様な種に出会うチャンスがあります。アルバトロス・エクスペディションズ社では、地球を保護し、訪れた場所をそのままにしておくことを目指しています。このため、好奇心から身近に感じることもある多くの素晴らしい野生生物に出会うときは、安全な距離を保ち、節度を持って行動するようお願いします。
  • テイスティング
    初期の探検家が探検を行う際、彼らには選択肢がほとんどなく、栄養と飲み物の選択肢は、さらに少なかったのです。
    ありがたいことに、時代は変わりました。オーシャン・アトランティックとオーシャン・ヴィクトリーの船内レストランには、ワインとビールのセレクションをご用意しています。バーには、さまざまなカクテル、ビール、ノンアルコール飲料などが揃っています。さらに、どの航海に乗船するかによって、さまざまなワインの試飲やその他の喉の渇きを癒すアクティビティが提供されます。
  • バス旅行
    私たちは今、お客様が、また戻ってきたいと思うような素晴らしい光景と興味深い活動でいっぱいのさまざまなエクスカーション(小旅行)を提供しています。ゆったりとしたペースで景色や訪れた場所を楽しむ自然愛好家のために特別に計画されたバス旅行は、アクティブな休暇を過ごすのに最適な方法で、リラックスして周囲の写真を撮るにも十分な時間があります。
    バス旅行には、歴史や地域の情報に精通したツアーガイドが同行してご案内いたします。すべての旅は、アルバトロス・エクスペディションズ社の高水準の品質と確実なサービスを提供しています。
  • ツンドラ
    グリーンランドの巨大な氷冠と氷の海の縁の間に、カンゲルルススアークの壮大なツンドラがあります。ここにはグリーンランドで最も数多くのジャコウウシ、トナカイ、ホッキョクギツネ、ホッキョクグマ、野ウサギ、ホッキョクオオカミ、多数の鳥類などの陸生種が生息しています。北極圏の植物相の柔らかく自然な色合いが対照的に荒れた地形を強調しています。片側にフィヨルドがあり、反対側に巨大なグリーンランド氷床が隣接しているカンゲルルススアークは、驚くべきことにグリーンランド全体で最も氷のない土地の1つです。
    比較的穏やかで乾燥した気候と豊富な食物があるこの環境では、トナカイとジャコウウシにとって楽園です。運が良ければ、自然の中を自由に歩き回るジャコウウシを観察し、これらの生き物について学ぶことができます。ジャコウウシは攻撃的で警告なしに突進する可能性があるため、その行動をどれだけ綿密に観察出来るかわかりません。

申込金・取消料 | DEPOSITS/CANCELLATION FEE

【申込金】
・クルーズ代金の25%です。

【残金のお支払い】
・ご旅行出発の90日前までにお支払いいただきます。

【取消料】
・旅行開始日の前日から起算してさかのぼって予約時から180日前まで、US$1,200
・旅行開始日の前日から起算してさかのぼって179日前~91日前まで、クルーズ代金の25%
・旅行開始日の前日から起算してさかのぼって90日前~当日まで、クルーズ代金の100%
・旅行開始後・無連絡不参加の場合、クルーズ代金の100%

【参加者名義の変更】
・残金支払い前の名義変更の場合、US$ 125の手数料のお支払いで受付ています。
・残金支払い後の名義変更の場合、US$ 250の手数料に加え、クルーズ予約にフライトが含まれる場合は、追加のお支払いが発生します。

※ご旅行をキャンセルされる場合には、必ず文書にてご連絡をお願いいたします。
※ご旅行出発前に病気や怪我等で旅行をキャンセルしなければならなくなった時のため、クルーズ旅行取消費用担保特約(キャンセル保険)のご加入をおすすめいたします。

海外旅行保険 | TRAVEL INSURANCE

海外旅行保険の加入が参加条件となります。

北極旅行では、人間の住んでいない遠隔地を訪れます。病気や怪我で緊急に治療が必要になった場合、北極から高度な医療設備の整った病院へ搬送するために飛行機のチャーター代等、莫大な費用が発生します。
この北極旅行にご参加するお客様は、3,000万円以上の傷害死亡、傷害後遺障害、治療・救援費用等を含むセットタイプへの加入が参加条件となり、クレジットカード付帯の保険では北極旅行をお引き受けできません。詳細につきましてはお問い合わせください。
南極・北極旅行&クルーズについて
お気軽にお問い合わせください
お電話でのお問い合わせ03-6228-3981平日9:30~18:30(土日祝休)メールでのお問い合わせパンフレット請求
クルーズライフについて
株式会社クルーズライフは、南極・北極旅行&クルーズの専門店です。二十数年の豊かな経験を持つスタッフが日本のお客様に極地への旅をお届けいたします。
南極旅行・北極旅行&クルーズの手配は、極地旅行(南極・北極)の専門店、株式会社クルーズライフへ。
観光庁長官登録旅行業第2054号/一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
クルーズライフの詳細はこちらクルーズライフFacebookページ