南極・北極旅行&クルーズ 株式会社クルーズライフ

ニュース&トピックス

2020年05月19日

1億6百万ユーロの極地探検船がついに進水

1億6百万ユーロ相当の極地探検船ウルトラマリンが土曜日(5/16)にスプリト半島にあるクロアチア最大の造船所で進水が行われ、経済大臣ダルコ・ホルヴァト氏は、クロアチア最大の輸出製品であると述べました。
ホルヴァト氏は、任期の期間に、政府保証を受けた3隻の船が進水し、そのうち2隻が納品され、政府保証が国家予算に返済されたことを強調しました。

3隻目の船であるウルトラマリンは、70%まで完成しています。経済大臣は、船に与えられた政府保証が数か月以内に返済されることを確信しています。

造船所ブロドスプリトが、クロアチアで利益を出すことを証明し、クロアチア復興開発銀行(HBOR)がこの船で利益を上げ、地方自治体や国家の予算は、他の公共サービスのように、様々な税から利益を得ているとホルヴァトは述べています。

これにより、クロアチアは造船が必要ないと考える人々に対し、本当の意味での反論となり、クロアチア最大かつ最も複雑な輸出製品であると述べています。

造船所ブロドスプリトの理事トミスラフ・デベリャクは、ウルトラマリンは、トラベロピアグループのアメリカのクォーク・エクスペディションズ社と契約していると説明しています。
船は、全長128m、幅21.5m、103の豪華な客室と公共エリアで200人の乗客と140人の乗組員を収容することが出来ます。
クロアチア復興開発銀行(HBOR)は、造船のためのローンを提供し、政府は、2018年5月16日の決定で、政府保証を提供し、船の価値は、1億6百万ユーロ以上あります。

webサイト: CROATIAWEEKより
(Photo credit: Goran Les/Dalmacija Danas)


1億6百万ユーロの極地探検船がついに進水

ニュース&トピックス一覧に戻る