南極・北極旅行&クルーズ 株式会社クルーズライフ

宇宙の神秘・皆既日食観測と地球最後の秘境を訪ねる

宇宙の神秘・皆既日食観測と地球最後の秘境を訪ねる

皆既日食観察とサウスジョージア島、南極探検クルーズ15日間

  • 日本人通訳乗船
  • 日本人スタッフ乗船
  • 日本人EXスタッフ乗船
  • 割引設定コース
  • 添乗員同行
旅行開始日~終了日 2021年11月26日~12月10日
期間 15日間
集合地 ウシュアイア(Ushuaia)
解散地 ウシュアイア(Ushuaia)
利用客船 オーシャン ヴィクトリー
アドベンチャー・
オプション

コースの紹介 | OVERVIEW

2021年12月04(土)、皆既日食が南大西洋から南極にかけて観測できます。
アルバトロス・エクスペディションズ社は、サウスジョージア島と南極探検クルーズの途上、オーシャン・ヴィクトリーの船上から皆既日食を観測いたします。

皆既日食は、早朝にフォークランド諸島の東で始まり、月の影は、サウスオークニー諸島と南極に向かって時速10,000キロメートルのスピードで進みます。
アルバトロス・エクスペディションズ社は、サウスオークニー諸島の東、太陽が水平線上の11度上にある可能な限り最高の観測地点を選びました。この皆既日食は約2分間続きます。

皆既日食の観測は、生涯に1度の「サウスジョージア島と南極探検クルーズ15日間」の幾つかのハイライトのうちの1つです。
この航海では、勇敢な探検家サー・アーネスト・シャクルトンの足跡も辿ります。ウシュアイアから野生生物の楽園サウスジョージア島を訪れた後、皆既日食を観測し、南極とサウスシェトランド諸島を見学します。
ウェッデル海周辺を航海する際には、巨大なテーブル型氷山を見学します。また、シャクルトン探検隊が過酷な冬のキャンプを行ったエレファント島の海岸近くを航海する予定です。
亜南極の島々と南極半島は、写真家の楽園です。天候が許す限り、出来るだけ多くの場所に上陸し、南極の美しさに接近する予定です。終日航海日には、レクチャーからワークショップ、野生生物の探索など様々な船内活動をお楽しみいただけます。

●探検クルーズハイライト
・サウスオークニー諸島の東で皆既日食を見学します。
・ペンギンやアザラシ、クジラ、アホウドリなどが生息する地域を訪れます。
・テーブル型の巨大な氷山や氷河に覆われた山々を見学いただけます。
・ゾディアッククルージングや上陸観光をお楽しみいただけます。
・小型探検船で遠隔地を訪れます。
・航海日には、レクチャーやワークショップ、野生生物の観察をお楽しみいただけます。

ギャラリー | GALLERY

  • 【動画】アルバトロス・エクスペディション
    【動画】アルバトロス・エクスペディション

スケジュール | ITINERARY

スケジュールの詳細をすべて表示スケジュールの詳細をすべて閉じる
  • 01 日目南米最南端の町、ウシュアイアに到着、乗船、出港
    • ウシュアイア/南極クルーズ
    世界最南端のウシュアイアの町や郊外の散策或いは、自然あふれるフエゴ国立公園への日帰り観光でお楽しみください。フエゴ国立公園は、雪に覆われた険しい山々、氷河、花いっぱいの牧草地や湿地帯があり、ハイカーの楽園です。
    午後、これからの数日間私たちの我が家となるオーシャン・ヴィクトリー号に乗船します。
    宿泊
    船中
    食事
    • 食事なし
    • 食事なし
    • 夕食
  • 02~04 日目サウスジョージア島に向けて終日航海
    • 南極クルーズ&南極観光
    終日航海日には、レクチャーを聴講したり、写真撮影のワークショップに参加したり、図書室で読書を楽しんだり、トップデッキでウミツバメやアホウドリなどの海鳥の観察でお楽しみください。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 05~08 日目サウスジョージア島観光
    • キングペンギン/南極クルーズ&南極観光
    サウスジョージア島では、膨大な数のキングペンギンや海鳥、オットセイ、ミナミゾウアザラシなどの多くの野生生物をご覧いただけます。南大洋に囲まれたサウスジョージア島は、野生生物の楽園です。探検しようとする殆どのフィヨルドには、捕鯨の歴史があります。グリトビケンは、この山岳性の島で唯一の居住地です。アーネスト・シャクルトンが、南極大陸の周航と亜南極の島々の調査を目的としたシャクルトン=ローウェット遠征で1922年1月4日にサウスジョージア島のグリトビケンに到着しましたが、翌日の1月5日午前2時50分に心臓発作に襲われ死亡しました。その後、家族の意向でグリトビケンに埋葬されました。
    北部海岸のフィヨルドを2~3日間探索し、時間と天候と海象が許す限り多くの海岸に上陸を予定しています。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 09 日目サウスオークニー諸島の東で皆既日食観測
    • 皆既日食/南極クルーズ&南極観光
    日食は、早朝にフォークランド諸島の東部で始まります。ここから月の影はサウスオークニー諸島と南極大陸に向かって時速10,000kmで南に進みます。アルバトロス・エクスペディションズ社は、可能な限り最良な観測地として、太陽が水平線から11度の角度で観察できるサウスオークニー諸島の東の地点を選びました。
    驚異の皆既日食は2分間継続しますが、お客様の皆既日食の思い出は一生続きます。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 10 日目南極半島に向けて航海
    • クジラ/南極クルーズ&南極観光
    白い大陸・南極半島が水平線に見え始めると、活発なペンギンやアザラシ、好奇心の旺盛なアザラシ、海鳥、海洋哺乳類など多くの野生生物も見え始めます。南極半島での豊富な野生生物:クーバービル島のヒョウアザラシ、オットセイ、ウェッデルアザラシ、ジェルラシ海峡とパラダイス湾でのザトウクジラ、ドラマチックなルメール海峡でのシャチ。航海日には、海の景色を楽しんだり、リラックスしたり、船上のプログラムに参加するのに最適です。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 11~12 日目南極とサウスシェトランド諸島観光
    • ヒゲペンギン/南極観光&南極クルーズ
    サウスシェトランド諸島を探検します。予想される上陸地は、ゾウアザラシの生息地であるエレファント島、海から聳え立つ切り立った断崖、雪に覆われた山頂などがあります。キングジョージ島、活火山の島で唯一温泉が湧き出ているデセプション島、アシナガウミツバメとヒゲペンギンが営巣するハーフムーン島。
    今後数日間の旅程とアクティビティは、天候と氷の状態によって異なります。
    航路と上陸地は、船長とエクスペディション・リーダーによって決定されますが、お客様には定期的に予定されているブリーフィングを通じてご案内いたします。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 13~14 日目ドレーク海峡横断クルーズ
    • ドレーク海峡横断/南極クルーズ&南極観光
    南米大陸に向けて有名なドレーク海峡を横断します。
    南極からの冷たい南極表層氷と太平洋や大西洋からの比較的暖かい亜南極表層氷が交わる南極収束線を通過します。ドレーク海峡は、偏西風が強く「狂う50度」というニックネームで知られています。この航海では、横揺れ防止装置が完備した強力なエンジンを備えた、優秀な乗組員からなる探検船オーシャン・ビクトリーにご乗船頂けます。
    乗組員たちは、ドレーク海峡の横断は一生の内に一度は航海したい海域と考えています。
    宿泊
    船中
    食事
    • 朝食
    • 昼食
    • 夕食
  • 15 日目ウシュアイア入港/下船
    • 帰国の途へ/南極観光&南極クルーズ
    夜間にフエゴ島とナバリノ島を隔てるビーグル水道を航行しウシュアイアに向かいます。朝、ウシュアイアに入港します。
    午前、朝食後エクスペディションスタッフや乗組員に別れを告げて下船。
    午前、下船後空港にお送りいたします。

    ご案内
    すべての観光は、天候や海象、氷の状況によります。ゾディアッククルーズやカヤックは適切な条件下で実施されます。全てのお客様とスタッフの安全を最優先にご案内いたします。クルーズ中に悪天候のため観光ができない場合には、船内のウェルネス&サウナ、レストラン、バー、図書室などの施設を利用してお楽しみください。この探検クルーズ中、専門家による探検の歴史や生物学、地質学、氷や野生生物などのレクチャーを予定しています。

    宿泊
    食事
    • 朝食
    • 食事なし
    • 食事なし

利用客船 | SHIP INFORMATION

オーシャン ヴィクトリー
運航会社:
アルバトロス・エクスペディションズ

オーシャン ヴィクトリー

客船タイプ 探検船
総トン数 8,500トン
全長 104.4m
全幅 18.4m
就航年/ 改装年 2020年
乗客定員 189名
客室数 93室
船籍国 バハマ
客船タイプ 探検船
総トン数 8,500トン
全長 104.4m
全幅 18.4m
就航年/ 改装年 2020年
乗客定員 189名
客室数 93室
船籍国 バハマ
アイスクラス1Aに認定されたオーシャン・ヴィクトリーは、頑丈な構造 とX-Bow®-インフィニティクラスにより、探検クルーズに最適な小型客船です。 この客船は、新世代の低エネルギー船の1つで、4基のディーゼルエンジンと2基の電気エンジンで速度と燃料消費を最適化するためにすべて電子制御されています。
本船には、合計92室の快適なキャビンがあり、その全てが海側に面しています。(90%のキャビンは、バルコニー付)。船内には、幾つかのレストン、ウェルネスエリア、バー、オープンデッキのダイニング設備、モダンなレクチャー・ラウンジなどの施設を整えています。本船は環境に優しい、グリーン・イニシアチブ・プログラムを実施することで、お客様に絶対的な快適さと持続可能性の両方を保証します。

旅行代金(お一人様) | PRICE (PER-PERSON)

客室タイプから選ぶ

客室タイプ 代金(お一人様) 客室をお一人様利用
した場合の代金(総額)
G シングル相部屋可 US$19,000※約¥2,217,110
F トリプル相部屋可 US$14,000※約¥1,633,660
E フレンチバルコニー・スイート相部屋可 US$18,000※約¥2,100,420 US$30,600※約¥3,570,714
D アルバトロス・ステート相部屋可 US$16,000※約¥1,867,040 US$27,200※約¥3,173,968
C バルコニー・ステート相部屋可 US$18,000※約¥2,100,420 US$30,600※約¥3,570,714
B2 バルコニー・スイート相部屋可 US$19,500※約¥2,275,455 US$33,150※約¥3,868,273
B1 バルコニー・スイート相部屋可 US$21,000※約¥2,450,490 US$35,700※約¥4,165,833
A ジュニアスイート相部屋可 US$24,000※約¥2,800,560 US$40,800※約¥4,760,952
プレミアムスイート相部屋可 US$26,000※約¥3,033,940 US$44,200※約¥5,157,698
  • ※日本円表記は、2021年10月15日 10:26時点の為替レートで算出した概算です。

客室詳細

  • 客室タイプ
    客室定員
    広さ
    客室からの眺望
  • 客室タイプ G シングル
    客室定員 1名
    広さ 18㎡
    客室からの眺望 丸窓
    ダブルベッド、シャワ―付
    マッドルームの近くにあるキャビンで、ゾディアックボートの乗船および下船時に、乗り場に簡単にアクセスできます。
  • 客室タイプ F トリプル
    客室定員 3名
    広さ 22㎡
    客室からの眺望 丸窓
    ツインベッドとソファベッド、シャワ―付
    マッドルームの近くにあるキャビンで、ゾディアックボートの乗船および下船時に、乗り場に簡単にアクセスできます。
  • 客室タイプ E フレンチバルコニー・スイート
    客室定員 2名
    広さ 16㎡
    客室からの眺望 フレンチバルコニー
    フレンチバルコニー、シングルベッド2台又はダブルベッド、シャワ―付
    ※床から天井までの窓は、開閉ができます。
  • 客室タイプ D アルバトロス・ステート
    客室定員 2名
    広さ 22㎡
    客室からの眺望 丸窓
    シングルベッド2台又はダブルベッド、シャワ―付
    マッドルームの近くにあるキャビンで、ゾディアックボートの乗船および下船時に、乗り場に簡単にアクセスできます。
  • 客室タイプ C バルコニー・ステート
    客室定員 3名
    広さ 24㎡
    客室からの眺望 バルコニー
    バルコニー、シングルベッド2台又はダブルベッド、シャワ―付
    家族で旅行する場合、ソファを子供向けのベッドとして使用できます。
    コネクティングドア付きの2つのキャビンを予約したい場合、このカテゴリーが便利です。
  • 客室タイプ B2 バルコニー・スイート
    客室定員 3名
    広さ 28㎡
    客室からの眺望 バルコニー
    バルコニー、ツインベッド又はダブルベッド、シャワ―付
    シーティングエリア
  • 客室タイプ B1 バルコニー・スイート
    客室定員 2名
    広さ 35㎡
    客室からの眺望 バルコニー
    バルコニー、ツインベッド又はダブルベッド、シーティングエリア、シャワ―付
  • 客室タイプ A ジュニアスイート
    客室定員 3名
    広さ 42㎡
    客室からの眺望 バルコニー
    ジュニア・スイートには、ツインベッド又はダブルベッド、ソファベッド、シーティングエリア、シャワ―付
    キャビンは3人まで宿泊することができます。
  • 客室タイプ プレミアムスイート
    客室定員 2名
    広さ 45㎡
    客室からの眺望 バルコニー
    バルコニー、ダブルベッド又はツインベッド、ソファベッド、テーブルと椅子、シャワ―付
    リビングとベッドルームの二間からなり、バスルームは広々としています。

客室タイプから選ぶ

  • G シングル相部屋可
    代金(お一人様)
    US$19,000※約¥2,217,110
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    • ※日本円表記は、2021年10月15日 10:26時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ G シングル
    客室定員 1名
    広さ 18㎡
    客室からの眺望 丸窓
    ダブルベッド、シャワ―付
    マッドルームの近くにあるキャビンで、ゾディアックボートの乗船および下船時に、乗り場に簡単にアクセスできます。
  • F トリプル相部屋可
    代金(お一人様)
    US$14,000※約¥1,633,660
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    • ※日本円表記は、2021年10月15日 10:26時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ F トリプル
    客室定員 3名
    広さ 22㎡
    客室からの眺望 丸窓
    ツインベッドとソファベッド、シャワ―付
    マッドルームの近くにあるキャビンで、ゾディアックボートの乗船および下船時に、乗り場に簡単にアクセスできます。
  • E フレンチバルコニー・スイート相部屋可
    代金(お一人様)
    US$18,000※約¥2,100,420
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    US$30,600※約¥3,570,714
    • ※日本円表記は、2021年10月15日 10:26時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ E フレンチバルコニー・スイート
    客室定員 2名
    広さ 16㎡
    客室からの眺望 フレンチバルコニー
    フレンチバルコニー、シングルベッド2台又はダブルベッド、シャワ―付
    ※床から天井までの窓は、開閉ができます。
  • D アルバトロス・ステート相部屋可
    代金(お一人様)
    US$16,000※約¥1,867,040
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    US$27,200※約¥3,173,968
    • ※日本円表記は、2021年10月15日 10:26時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ D アルバトロス・ステート
    客室定員 2名
    広さ 22㎡
    客室からの眺望 丸窓
    シングルベッド2台又はダブルベッド、シャワ―付
    マッドルームの近くにあるキャビンで、ゾディアックボートの乗船および下船時に、乗り場に簡単にアクセスできます。
  • C バルコニー・ステート相部屋可
    代金(お一人様)
    US$18,000※約¥2,100,420
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    US$30,600※約¥3,570,714
    • ※日本円表記は、2021年10月15日 10:26時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ C バルコニー・ステート
    客室定員 3名
    広さ 24㎡
    客室からの眺望 バルコニー
    バルコニー、シングルベッド2台又はダブルベッド、シャワ―付
    家族で旅行する場合、ソファを子供向けのベッドとして使用できます。
    コネクティングドア付きの2つのキャビンを予約したい場合、このカテゴリーが便利です。
  • B2 バルコニー・スイート相部屋可
    代金(お一人様)
    US$19,500※約¥2,275,455
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    US$33,150※約¥3,868,273
    • ※日本円表記は、2021年10月15日 10:26時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ B2 バルコニー・スイート
    客室定員 3名
    広さ 28㎡
    客室からの眺望 バルコニー
    バルコニー、ツインベッド又はダブルベッド、シャワ―付
    シーティングエリア
  • B1 バルコニー・スイート相部屋可
    代金(お一人様)
    US$21,000※約¥2,450,490
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    US$35,700※約¥4,165,833
    • ※日本円表記は、2021年10月15日 10:26時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ B1 バルコニー・スイート
    客室定員 2名
    広さ 35㎡
    客室からの眺望 バルコニー
    バルコニー、ツインベッド又はダブルベッド、シーティングエリア、シャワ―付
  • A ジュニアスイート相部屋可
    代金(お一人様)
    US$24,000※約¥2,800,560
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    US$40,800※約¥4,760,952
    • ※日本円表記は、2021年10月15日 10:26時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ A ジュニアスイート
    客室定員 3名
    広さ 42㎡
    客室からの眺望 バルコニー
    ジュニア・スイートには、ツインベッド又はダブルベッド、ソファベッド、シーティングエリア、シャワ―付
    キャビンは3人まで宿泊することができます。
  • プレミアムスイート相部屋可
    代金(お一人様)
    US$26,000※約¥3,033,940
    客室をお一人様利用した場合の代金(総額)
    US$44,200※約¥5,157,698
    • ※日本円表記は、2021年10月15日 10:26時点の為替レートで算出した概算です。
    客室タイプ プレミアムスイート
    客室定員 2名
    広さ 45㎡
    客室からの眺望 バルコニー
    バルコニー、ダブルベッド又はツインベッド、ソファベッド、テーブルと椅子、シャワ―付
    リビングとベッドルームの二間からなり、バスルームは広々としています。

デッキ

  • デッキ8
  • デッキ7
  • デッキ6
  • デッキ5
  • デッキ4
  • デッキ3
●食事条件:朝食14回、昼食13回、夕食14回。
●1名様参加について
 ※相部屋利用はできません。
 ※客室シングル利用の場合:追加代金のお支払いで、ツイン客室をお1人様でご利用いただけます。
●トリプル客室は、3名予約のお客様のみご予約できます。

乗船日の前日までに集合地へご到着しているご旅程をご計画ください。
●代金のお支払いは、日本円にてお振り込みいただきます。
●為替レートは、請求書発行日の銀行キャッシュ・セリングレート(CASH S.)を適用いたします。
 ※為替レートは、日々変動しますので、予約時にご確認ください。
(備考1)天候により皆既日食が観測出来ない場合もあります。その場合でもクルーズ代金の返金や割引はありません。予めご了承ください。
(備考2)食事欄の「○」印は、船内食を表します。
(備考3)ウシュアイアでの乗船は、午後4時を予定しています。
(備考4)15日目の下船日、ウシュアイア入港は、午前7時~8時頃を予定しています。
(備考5)天候状況によっては、ウシュアイア入港が遅れる場合がありますので、ウシュアイアから出発される航空機は、午後便を予約される事を強くお勧めいたします。

代金に含まれるもの

●皆既日食の観測(天候により観測できない場合もあります)
●乗船時、港に停泊中の客船までの無料送迎
●下船時、ウシュアイア港から空港までの無料送迎
●クルーズ中の宿泊
●皆既帯の中心で皆既日食の観測
●日程に基づいた上陸観光とゾディアッククルージング
●エクスペディション・パルカの進呈
●ゴム長靴の貸与
●エクスペディション・リーダーとチームによる案内とレクチャー
●英語を話すエクスペディション・チーム
●乗船中の全食事(朝・昼・アフタヌーンティ・夕食)
●乗船中、24時間、コーヒーと紅茶の提供
●各種タックス

代金に含まれないもの

●日程に明示されていないオプションや観光
●ツイン客室をお一人様で利用される場合の追加代金及び客室のアップグレード
●乗船前と下船後のお食事
●コーヒーと紅茶以外のソフトドリンクやアルコール飲料などのお飲み物代
●船内チップ(お一人様一日あたり、US$ 13.5)
●個人的な費用
●クルーズ代金に含むと明示されている以外の経費

アドベンチャー・オプション | ADVENTURE OPTIONS

  • ゾディアック
  • レクチャー
  • 写真撮影
  • カヤック
  • 野生生物の観察
  • スノーシューイング
  • 市民科学プロジェクト
探検クルーズに欠かせないゾディアックは、ビーチ、海岸の崖、川岸、さらには海に浮かぶ流氷を押す事もできる頑丈なボートです。この探索方法は従来のクルーズと区別する利点の1つで、お客様が異なる視点から風景を探索することができます。多くは主要なエクスカーションでインフラが整っていない荒野でも安全に上陸する事ができ、氷山の周り、野生生物に近づいたり、氷の形成を間近で見たり、写真撮影を安全にご案内する事ができます。また途中でユニークな物や動物を目撃した場合、急遽使用することもあります。
通常の階段を昇り降りする事ができれば、簡単に乗り降りをする事ができます。ギャングウェイには、乗組員がいてしっかりとサポートしてくれます。海岸では、必要に応じてサポートを受ける事も出来ますがサポートを受け入れる事が出来るよう、両手を空けておく事が重要です。ボートに座って、ロープを握り、新鮮な極地の空気をお楽しみください
エクスペディション・チームにより、客船が辿るルートや船内プログラムまで旅のあらゆる側面をレクチャーでご案内します。これにより、絶景や野生生物を楽しむだけでなく上陸活動やゾディアッククルーズのたびに動植物や訪れた場所の文化や歴史まで、各場所や見るものすべてを理解できるよう包括的な探検クルーズを提供します。そして旅行全体の経験として、お客様がご自宅に戻られた後も素晴らしい思い出となる事でしょう。
教育プログラムでは、歴史家、生物学、動物学、氷河学、地質学、鳥類学者が乗船し、その分野の知識を共有することで、お客様が直面している世界をより深く理解し、それによってどのような行動が可能かをより明確に理解できるようにレクチャーやプレゼンテーションを行います。また専門家も特定の時間デッキに出て、お客様と一緒に知識と情熱を共有します。
アルバトロス・エクスペディションズ社の客船には、常に専任のエクスペディション写真家が乗船していて探検クルーズを記録し、レクチャーや上陸活動、ゾディアック・クルーズ中に写真への情熱をお客様と共有しています。極地は魅惑的な風景と素晴らしい野生生物でいっぱいです。エクスペディション写真家は、写真撮影のテクニックをお教えいたします。
天候と海象状況を考慮し、安全を確保しながら経験豊富なカヤックガイドの指導の下、海の上を滑るように進み、雄大な氷山、様々な海鳥やアザラシ、クジラなどの大自然や野生生物を観察します。極地の旅行中、カヤックガイドの指導で安全に案内されながら、忘れる事が出来ないほどの感動を味わいます。カヤックのアクティビティは、南極と北極の両方の探険クルーズで実施いたします。南極地域では、殆どの場所でカヤックをするチャンスがありますが、天候と海象、氷の状態を考慮の上、安全を確保して、実施する時間と場所が決まります。このアクティビティに参加するには、シーカヤックの経験が必要です。また、カヤックマスターによる必須の安全に関する説明会に参加する必要があります。

お一人様 US$ 250 ※ご予約は船内にて承ります。
私たちの探険クルーズの最大の喜びの1つは、極地の野生生物を安全な距離で観察し、自然の生息地でその美しさを楽しむことです。どの探検クルーズに参加するかによって、海鳥から極地特有の哺乳類、その他のエキゾチックな野生生物まで、多種多様な種に出会うチャンスがあります。アルバトロス・エクスペディションズ社では、地球を保護し、訪れた場所をそのままにしておくことを目指しています。このため、好奇心から身近に感じることもある多くの素晴らしい野生生物に出会うときは、安全な距離を保ち、節度を持って行動するようお願いします。
柔らかいパウダースノーのなだらかな斜面をハイキングして、見晴らしの良い場所に到達するアクティビティで、事前の経験は必要ありません。すべての上陸活動中に行われるわけではなく、天候、地形、雪の状態が適切な時に行われます。スノーシューマスターは、このアクティビティを紹介する前に、ワークショップでプログラムと興味のあるすべてのお客様のために機材を紹介をします。所要時間は約2〜3時間です。このアドベンチャーアクティビティは、ゾディアッククルージングと上陸活動のアクティビティとは別に同時間帯に実施されます。
エクスペディション・チームが適切な雪の状態と適切な地形を定め、経験豊富な山岳ガイドによって実施および監督され、各出発時の実施場所のガイドラインと条件に基づいてルートを決定します。未経験者も参加できますが、平均的な体力レベルが必要です。
(注)アクティビティは、10~12月の間実施されます。
世界がどのように変化しているかを理解するために私たちが取ることができる重要なステップは、道を示すことができる専門家の助けを借りて積極的に研究することです。これが、市民科学プロジェクトのコンセプトでエキサイティングなだけでなく、極地を訪れるゲストにも関連している理由です。また、私たちの環境における気候と人間の消費の影響を理解したいと考えています。
私たちの惑星で起こっている信じられないほどの変化を研究することに専念している偉大な科学者がいます、そして私たちは極地で研究をしている研究者に焦点を当てます。その多くは、場所に関する重要なデータを定期的に収集する必要があります。そこで私たち一般市民と旅行者の出番です。
市民科学プロジェクトでは、ゲストは気候変動とその海洋種、鳥、海、気象パターン、そして他の世界への影響についてのデータ収集と議論に参加する機会があります。
  • ゾディアック
    探検クルーズに欠かせないゾディアックは、ビーチ、海岸の崖、川岸、さらには海に浮かぶ流氷を押す事もできる頑丈なボートです。この探索方法は従来のクルーズと区別する利点の1つで、お客様が異なる視点から風景を探索することができます。多くは主要なエクスカーションでインフラが整っていない荒野でも安全に上陸する事ができ、氷山の周り、野生生物に近づいたり、氷の形成を間近で見たり、写真撮影を安全にご案内する事ができます。また途中でユニークな物や動物を目撃した場合、急遽使用することもあります。
    通常の階段を昇り降りする事ができれば、簡単に乗り降りをする事ができます。ギャングウェイには、乗組員がいてしっかりとサポートしてくれます。海岸では、必要に応じてサポートを受ける事も出来ますがサポートを受け入れる事が出来るよう、両手を空けておく事が重要です。ボートに座って、ロープを握り、新鮮な極地の空気をお楽しみください
  • レクチャー
    エクスペディション・チームにより、客船が辿るルートや船内プログラムまで旅のあらゆる側面をレクチャーでご案内します。これにより、絶景や野生生物を楽しむだけでなく上陸活動やゾディアッククルーズのたびに動植物や訪れた場所の文化や歴史まで、各場所や見るものすべてを理解できるよう包括的な探検クルーズを提供します。そして旅行全体の経験として、お客様がご自宅に戻られた後も素晴らしい思い出となる事でしょう。
    教育プログラムでは、歴史家、生物学、動物学、氷河学、地質学、鳥類学者が乗船し、その分野の知識を共有することで、お客様が直面している世界をより深く理解し、それによってどのような行動が可能かをより明確に理解できるようにレクチャーやプレゼンテーションを行います。また専門家も特定の時間デッキに出て、お客様と一緒に知識と情熱を共有します。
  • 写真撮影
    アルバトロス・エクスペディションズ社の客船には、常に専任のエクスペディション写真家が乗船していて探検クルーズを記録し、レクチャーや上陸活動、ゾディアック・クルーズ中に写真への情熱をお客様と共有しています。極地は魅惑的な風景と素晴らしい野生生物でいっぱいです。エクスペディション写真家は、写真撮影のテクニックをお教えいたします。
  • カヤック
    天候と海象状況を考慮し、安全を確保しながら経験豊富なカヤックガイドの指導の下、海の上を滑るように進み、雄大な氷山、様々な海鳥やアザラシ、クジラなどの大自然や野生生物を観察します。極地の旅行中、カヤックガイドの指導で安全に案内されながら、忘れる事が出来ないほどの感動を味わいます。カヤックのアクティビティは、南極と北極の両方の探険クルーズで実施いたします。南極地域では、殆どの場所でカヤックをするチャンスがありますが、天候と海象、氷の状態を考慮の上、安全を確保して、実施する時間と場所が決まります。このアクティビティに参加するには、シーカヤックの経験が必要です。また、カヤックマスターによる必須の安全に関する説明会に参加する必要があります。

    お一人様 US$ 250 ※ご予約は船内にて承ります。
  • 野生生物の観察
    私たちの探険クルーズの最大の喜びの1つは、極地の野生生物を安全な距離で観察し、自然の生息地でその美しさを楽しむことです。どの探検クルーズに参加するかによって、海鳥から極地特有の哺乳類、その他のエキゾチックな野生生物まで、多種多様な種に出会うチャンスがあります。アルバトロス・エクスペディションズ社では、地球を保護し、訪れた場所をそのままにしておくことを目指しています。このため、好奇心から身近に感じることもある多くの素晴らしい野生生物に出会うときは、安全な距離を保ち、節度を持って行動するようお願いします。
  • スノーシューイング
    柔らかいパウダースノーのなだらかな斜面をハイキングして、見晴らしの良い場所に到達するアクティビティで、事前の経験は必要ありません。すべての上陸活動中に行われるわけではなく、天候、地形、雪の状態が適切な時に行われます。スノーシューマスターは、このアクティビティを紹介する前に、ワークショップでプログラムと興味のあるすべてのお客様のために機材を紹介をします。所要時間は約2〜3時間です。このアドベンチャーアクティビティは、ゾディアッククルージングと上陸活動のアクティビティとは別に同時間帯に実施されます。
    エクスペディション・チームが適切な雪の状態と適切な地形を定め、経験豊富な山岳ガイドによって実施および監督され、各出発時の実施場所のガイドラインと条件に基づいてルートを決定します。未経験者も参加できますが、平均的な体力レベルが必要です。
    (注)アクティビティは、10~12月の間実施されます。
  • 市民科学プロジェクト
    世界がどのように変化しているかを理解するために私たちが取ることができる重要なステップは、道を示すことができる専門家の助けを借りて積極的に研究することです。これが、市民科学プロジェクトのコンセプトでエキサイティングなだけでなく、極地を訪れるゲストにも関連している理由です。また、私たちの環境における気候と人間の消費の影響を理解したいと考えています。
    私たちの惑星で起こっている信じられないほどの変化を研究することに専念している偉大な科学者がいます、そして私たちは極地で研究をしている研究者に焦点を当てます。その多くは、場所に関する重要なデータを定期的に収集する必要があります。そこで私たち一般市民と旅行者の出番です。
    市民科学プロジェクトでは、ゲストは気候変動とその海洋種、鳥、海、気象パターン、そして他の世界への影響についてのデータ収集と議論に参加する機会があります。

申込金・取消料 | DEPOSITS/CANCELLATION FEE

【申込金】
・クルーズ代金の25%です。

【残金のお支払い】
・ご旅行出発の90日前までにお支払いいただきます。

【取消料】
・旅行開始日の前日から起算してさかのぼって予約時から180日前まで、US$1,200
・旅行開始日の前日から起算してさかのぼって179日前~91日前まで、クルーズ代金の25%
・旅行開始日の前日から起算してさかのぼって90日前~当日まで、クルーズ代金の100%
・旅行開始後・無連絡不参加の場合、クルーズ代金の100%

【参加者名義の変更】
・残金支払い前の名義変更の場合、US$ 125の手数料のお支払いで受付ています。
・残金支払い後の名義変更の場合、US$ 250の手数料に加え、クルーズ予約にフライトが含まれる場合は、追加のお支払いが発生します。

※ご旅行をキャンセルされる場合には、必ず文書にてご連絡をお願いいたします。
※ご旅行出発前に病気や怪我等で旅行をキャンセルしなければならなくなった時のため、クルーズ旅行取消費用担保特約(キャンセル保険)のご加入をおすすめいたします。

海外旅行保険 | TRAVEL INSURANCE

海外旅行保険の加入が参加条件となります。

南極旅行では、人間の住んでいない遠隔地を訪れます。病気や怪我で緊急に治療が必要になった場合、南極から高度な医療設備の整った病院へ搬送するために飛行機のチャーター代等、莫大な費用が発生します。
この南極旅行にご参加するお客様は、3,000万円以上の傷害死亡、傷害後遺障害、治療・救援費用等を含むセットタイプへの加入が参加条件となり、クレジットカード付帯の保険では南極旅行をお引き受けできません。詳細につきましてはお問い合わせください。
南極・北極旅行&クルーズについて
お気軽にお問い合わせください
お電話でのお問い合わせ03-6228-3981平日9:30~18:30(土日祝休)メールでのお問い合わせパンフレット請求
クルーズライフについて
株式会社クルーズライフは、南極・北極旅行&クルーズの専門店です。二十数年の豊かな経験を持つスタッフが日本のお客様に極地への旅をお届けいたします。
南極旅行・北極旅行&クルーズの手配は、極地旅行(南極・北極)の専門店、株式会社クルーズライフへ。
観光庁長官登録旅行業第2054号/一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
クルーズライフの詳細はこちらクルーズライフFacebookページ