北極スピッツベルゲン島クルーズ

北緯78度前後の高緯度北極地域に位置するスヴァールバル諸島最大の島です。ここは野生生物の宝庫と言われ、世界中から多くの観光客が集まる大変人気の場所です。スピッツベルゲン島は九州と同じくらいの面積がありロングイヤービーエンとニーオーレスンの研究施設以外はほとんど人が住んでいないため、野生生物も多く観察できることが特徴です。

 

北極スピッツベルゲンクルーズの玄関口、ロングイヤービーエンの町

スピッツベルゲンクルーズは島の中心地、ロングイヤービーエンから乗船します。

 

北極スピッツベルゲンクルーズでのツンドラハイキング

美しい風景を望みながらのツンドラハイキングは格別です

 

北極スピッツベルゲンクルーズで見るかわいい花々

6月からはツンドラの大地に可憐な花々が咲き誇ります

 

北極スピッツベルゲンクルーズでツンドラの大地をハイキング

ツンドラの大地をハイキング。大自然をたっぷりと歩けるのがスピッツベルゲン旅行の魅力です

 

北極スピッツベルゲンクルーズのスヴァールバルトナカイ

途中、野生のトナカイにも遭遇します

 

北極スピッツベルゲンクルーズのアルケフィエッレでのヒメウミスズメ

アルケフィエッレの断崖に繁殖するアシナガウミツバメをボートから見学。圧巻の光景です。

 

北極スピッツベルゲンクルーズの上陸観光

陸上から断崖で子育てをするミツユビカモメの営巣地を見学することもあります

 

北極スピッツベルゲンクルーズのホッキョクグマ

スピッツベルゲンクルーズではボートからホッキョクグマを観察するチャンスもあります

 

北極スピッツベルゲンのセイウチ

大きな牙がトレードマークのセイウチを観察

 

北極スピッツベルゲンクルーズで観察するニシツノメドリ(パフィン)

珍しいニシツノメドリもご覧頂けます

大自然を歩き、野生生物との出会いは、このスピッツベルゲン島がお勧めです。

 

▶コース一覧はこちら(スピッツベルゲン)