南極・北極旅行&クルーズ 株式会社クルーズライフ

クォーク・エクスペディションズ

クォーク・エクスペディションズ社
日本地区正規代理店

03-6228-3981営業時間:09:30~18:30(土日祝休)

北極旅行
北極クルーズ

地球温暖化 | GLOBAL WARMING

北極旅行&北極クルーズ 地球全体の大気の中で最も多く発見される二酸化炭素は25%も増加。

太陽からの放射エネルギーのほとんどは地球に到達し、それが反射して宇宙まで送られています。水蒸気、二酸化炭素、メタンガスなどの気体は、完全に失われる前の熱を閉じ込める働きをしています。これらの気体の影響は、温室のガラス窓によく見られるもので、地球温暖化は別名、温室効果(Greenhouse Effect)とも呼ばれています。この閉じ込められた熱気は人類の生存に最適なように地球の温度を暖かく保つ為に必要なものでもあるのです。しかし地球の気温が極端に低下したり上昇したりしない様バランスを取る必要もあります。

温室ガスは産業革命が起こってから過去200年にわたって徐々に上昇していきました。地球全体の大気の中で最も多く発見される二酸化炭素は初期の頃より25%も増加しています。木材および化石燃料である石炭や石油製品の燃焼によって二酸化炭素が作り出され、同時に火山や大洋、腐食してゆく植物などからも二酸化炭素が発生します。また今日起きている大規模な雨林の伐採や焼却も大気中に大量の二酸化炭素を吐き出しているのは間違いありません。

その次に多い温室ガスはメタンでこれは有機物の腐敗によって二次的に発生するものです。最も知られているものでは沼地や米畑、家畜(特に反芻動物)、シロアリで、天然ガスの使用によっても発生します。メタンの濃縮気体は1年間に1%の率で増加しています。

引き返す事が不可能な地球温暖化の道。

大気中の濃縮フロンガスは比較的少ないものですが、その化合物の熱吸収率は何千倍にも達しています。それらは人間が作り出した化合物であり、深刻な大気汚染を引き起こし、更にオゾン層の希薄化を促進する可能性があります。
現在大気中にある濃縮温室ガスは21世紀のある時期迄には2倍になると予想され、地球の気温が平均5℃まで上昇する可能性があると言われています。
気象が地球に与える影響はまだ完全に解明されていると言えず、その為温室ガスの増加が全体に及ぼす影響は未だに明確になってはいません。過去100年に亘って地球の平均気温は0.5℃上昇してきましたが、歴史上最も暑かった年が6度、1980年代に記録されています。この数字だけで全てを語る事は不可能ですが、過去に何度も温暖化が寒冷化に移行する現象が見られています。

極地(南極・北極)の科学者はこの温暖化問題の最前線にいます。この二十年間ヒゲペンギンやオットセイの爆発的な増加は、現在でも次第に海氷が減少(または海水域の増加)しつつあるのが原因の一部である可能性があります。この二種の動物は、冬場は氷の上ではなく海中で生息する生態を持つ為、地球温暖化の指標となっているのです。
加えて英国南極観測局の科学者たちは植物の異常な生育にも喚起をうながしています。南極半島にあるウクライナの南極観測基地であるベルナツキー基地の周囲に生えている南極ススキ状の草ヘアグラス(hair grass)が過去30年に亘って25倍の高さに成長し、南極ツメクサはサウス・オークニー諸島のシグニー基地周辺で6倍の数に増加しているという現象も起こっています。

南極の大洋を行き来して航海するクルーズ船は南米先端近くのビーグル水道を通過する事が多いのですが、過去数十年に亘ってビーグル水道の北沿岸を縁取っていた氷河がかなりの規模で衰退しているのを目撃しています。

科学者の多くは人間の活動もまた地球温暖化に多大の影響を与えていると指摘しています。我々の活動もまたもう引き返す事が不可能な地球温暖化の道に加担している事を自覚し、現在の生き方を徹底的に変える必要があるのかもしれません。