1.日本からブエノスアイレス(アルゼンチン)へ

アルゼンチン最南端のウシュアイアへ行く場合、まずアルゼンチンの首都ブエノスアイレスを目指します。ブエノスアイレスは日本の真裏に位置しています。北米、ヨーロッパ、中東経由で行くことができ、1回の乗り継ぎが一般的です。

<航空会社の一例>

●北米経由の場合
デルタ航空、アメリカン航空、ユナイテッド航空など

※米国に入国するためESTAの事前取得が必要です。
※雪の影響の可能性があるため、カナダ経由やニューヨーク経由はお勧めできません。

 

●ヨーロッパ経由の場合
KLMオランダ航空、エールフランス、アリタリア航空、ルフトハンザドイツ航空など

※入出国手続不要で乗り継ぎすることができます。
※復路はウシュアイアから乗り継ぎができないため宿泊が必要です。

 

●中東経由の場合
エミレーツ航空、カタール航空など

※入出国手続不要で乗り継ぎすることができます。
※ブラジルも経由するため、所要時間は長めになります。ブエノスアイレスは夜に到着しますので宿泊が必要になる場合があります。

 

行先と日付を入力して各航空会社の料金が比較できるサイト「スカイスキャナー」が便利です。

 

2.ブエノスアイレス到着

アルゼンチンの首都、ブエノスアイレスには2つの空港があります。

●エセイサ国際空港(正式名称は、ミニストロ・ピスタリーニ国際空港)

●アエロパルケ空港(正式名称は、ホルヘ・ニューベリー空港)

 

エセイサ国際空港(ミニストロ・ピスタリーニ国際空港)

ブエノスアイレス市街中心部から南西方向に約28km離れた場所にあり、主に国際線が発着しています。

 エセイサ国際空港ホームページ

 

エセイサ空港はA、B、Cの3つのターミナルに分かれています。

ブエノスアイレス・エセイサ空港の全体図

 

国際線はすべてターミナルAに到着します。
降機後、流れに沿って進み、入国手続が行われます。
ターンテーブルで荷物を受取り、税関審査です。すべての荷物をX線に通します。
機内で税関申告書が配布されますが、申告がなければ特に提出する必要はありません。

 

エセイサ空港ターミナルA(グランドフロア)

 

ウシュアイアへの航空機は通常、市内に位置するアエロパルケ空港発着となりますので、エセイサ国際空港からアエロパルケ空港へ移動する必要があります。エセイサ国際空港とアエロパルケ空港の距離はおよそ31㎞ですが、空港間の鉄道はなく、移動手段は空港リムジンバスまたはレミース(料金前払いのハイヤー)となります。

 

エセイサ空港とアエロパルケ空港間の移動について

●空港リムジンバス
(1)エセイサ国際空港 ⇔ アエロパルケ空港間
ティエンダ・レオン社では、空港リムジンバスをエセイサ国際空港とアエロパルケ空港間を、市内のバスターミナル「マデロ」経由で運行しています。 所要 : 約60~90分

(2)エセイサ国際空港 ⇒ 市内の主要なホテルまで
ティエンダ・レオン社では、空港リムジンバスをエセイサ国際空港から、市内のバスターミナル「マデロ」乗り換えで市内の主要ホテルまで運行しています。

※詳細はティエンダ・レオン社のカウンターでお問い合わせください。

 

●レミース(REMIS/料金前払いのハイヤー)
ティエンダ・レオン社では、レミース(REMIS)も運行しております。レミースは、多少割高ですが、道路が渋滞しても追加料金や不当な料金を請求される心配はありません。
(1)エセイサ国際空港からアエロパルケ空港までは約60~80分です。
(2)エセイサ国際空港から市内のホテルについてはティエンダ・レオン社のカウンターにてご確認ください。

※道路状況により多少の早着・遅着の可能性もありますので目安としてご利用ください。

ティエンダ・レオン社ホームページ

 

「ティエンダ・レオン社(TIENDA LEON)」のチケットカウンターで空港リムジンバスまたはレミースのチケットをお買い求めください。ライオンマークが目印です。

 

税関を出てすぐ左手に(到着ロビー出口に出る前)ティエンダレオン社のチケットカウンターがあります。

 

ティエンダレオン社のチケットカウンターはライオンのマークが目印です

 

チケットを買わずに到着ロビーに出てしまった場合には、出てすぐの場所にチケットカウンターがあります。

到着ロビーに出てしまってもチケットカウンターがあります

 

到着ロビーは常に大勢の人がいますので、スリや置き引きには十分お気をつけください。

エセイサ空港ターミナルA到着ロビー

①レミースをご利用の場合
 レミースのチケット購入後、スタッフが車までご案内し、目的地へ出発します。

レミース(イメージ)

 

②空港バスをご利用の場合
 空港バスはターミナルを出て右手に進んで頂くと、バス乗り場があります。

ティエンダレオン社のバス乗り場へはターミナルAを出て右へお進みください

 

ティエンダレオン社のバス停はライオンマークのブースが目印です

 

係員にチケットを提示しバスに乗車します

 

バスはブエノスアイレス市内のマデロに到着します。

ティエンダレオン社のバスターミナル「マデロ」

アエロパルケ空港まで行く場合は、そのままバスに乗ったまま待機してください。準備が整い次第、アエロパルケ空港へ出発します。

(注)市内ホテルまで行く場合は、ここでバスを降り預けた荷物を受け取ってください。ホテルのエリア別にバンまたは小型車に乗り換えて各ホテルへご案内しますので、係員にホテル名と住所をお伝えください。

 

3.アエロパルケ空港(ホルヘ・ニューベリー空港)

ラプラタ川に面した比較的市街地に近い場所に位置し、主に国内線が発着しています。

アエロパルケ空港ホームページ

 

アエロパルケ空港

 

アエロパルケ空港の目の前にラプラタ川が流れています

 

ターミナルは1つですが、セクターA、B、Cに分かれています。
バスで空港に到着すると、セクターBのあたりで下車し、ターミナルに入ります。

アエロパルケ空港全体図

 

<出発>

ラタム航空のチェックインカウンターはセクターBにあります。


アルゼンチン航空のチェックインカウンターはセクターAにあります。

アルゼンチン航空のチェックインカウンターは4つに分かれています。
・国際線のチェックインカウンター
・ブエノスアイレスより南へ向かう便のチェックインカウンター
・ブエノスアイレスより北へ向かう便のチェックインカウンター
・「スカイチーム」スカイプライオリティ専用チェックインカウンター

(注)荷物の紛失を避けるためブエノスアイレスまで利用した国際線のタグを必ず取り外してから荷物を預けてください。

搭乗手続を終えましたら、2階の国内線出発へお進みください。セキュリティーチェックを行います。

ブエノスアイレスからウシュアイアへ向かいます。直行便の場合、所要約3時間30分です。(機内はソフトドリンクと菓子のみです)

 

4.ウシュアイア到着

南米最南端の都市ウシュアイアは人口約7万人の都市で、南極観光の玄関口です。

ウシュアイア空港ホームページ

 

ウシュアイア空港に到着しましたら、ターンテーブルで荷物をお受け取りください。

運航会社の係員が到着ロビーでお出迎え致しておりますので、係員にお名前をお知らせください。

ウシュアイア空港で南極クルーズのスタッフがお出迎えウシュアイア空港では運航会社のスタッフがお出迎えします


お客様が全員揃いましたら、運航会社指定のホテルに無料送迎バスでご案内いたします。
空港からホテルまでの所要時間は約20分です。

南極クルーズの玄関口、ウシュアイア空港ウシュアイア空港の出口でバスが待機し、ホテルまで送迎いたします

 

ホテル到着後はフロントデスクに「運航会社の予約確認書」とパスポートを提示して、チェックインをします。

お客様各自でホテルのチェックインをお願いします

 

チェックインを済ませたら、スーツケース等の荷物を持って客室にお入りください。
夕食はクルーズ代金には含まれておりません。
ホテル内のレストランまたは、市内にてご自由にお取りください。市内のレストランやバーは、夜11時頃まで開いています。治安は、ブエノスアイレスと比較してとても良いです。
ウシュアイアについては『ウシュアイアの地図PDF』をご覧下さい。