更新日:2021年12月27日

極地探検のリーダーとして認められているクォーク・エクスペディションズ社(以下、クォーク社)は安全な極地旅行を運営するリーダーとして「S.A.F.E. COVID Policy(コロナウイルス安全方針)」を策定しました。


S.A.F.E.はクォーク社の4つの要素を構成するアプローチを表し、旅行前と旅行中にあらゆる方法でお客様を守ります。

Science-led Health & Safety Protocols
(科学的根拠に基づいた健康と安全のためのプロトコル)

クォーク社はゴールドスタンダード社のrapid Covid-19検査、強制予防接種、厳格に強化された衛生手順など、船内の健康と安全に対する対策を実施しています。

予防接種の義務化は米国疾病管理センター(CDC)と世界保健機関(WHO)の勧告に基づいています。
お客様、スタッフ、乗組員は全員、乗船前にワクチン接種の証明書を提示しなければなりません。

マスクの着用はコロナウイルス感染の蔓延を抑えるための実証済みの戦略です。
マスクは人々を曝露から守り、濃厚接触のために隔離しなければならなくなることを保護します。
客室以外の場所(直接飲食をしているときを除く)では、マスクの着用が義務付けられています。

PCR検査機能により当社は以下を行うことができます。
乗船前にすべてのお客様はコロナウイルスが陰性であることを確認する。
航海の初期に、感度の高い正確な検査を船全体で実施する。


Anytime cancellation & rebooking
(いつでも取消再予約が可能)

クルーズ出発の30日前までであれば、理由を問わず旅行の再予約が可能です。
※2021-22年南極クルーズ:2022年1月31日までに予約した既存・新規予約が対象。
 2022年北極クルーズ:2021年1月31日までの新規予約が対象。


Free from crowds in the polar regions
(人混みはありません)

極地への訪問者は人で密集しない人里離れた遠隔地でソーシャルディスタンスが確保された旅行をお楽しみ頂けます。


Exceptional Polar Experience!
(特別な極地体験)

クォーク社は特別な船外活動を提供しています。100%ワクチン接種済の探検船で航行し、お客様にゾディアッククルーズで氷河やフィヨルド、野生生物の観察や上陸観光などあらゆる機会を提供し続けています。

 

S.A.F.E. COVID Policy
 

State of the art testing & health protocols
最先端の検査プロトコル

例外なく、安全衛生のあらゆる側面がCOVID-19対策として強化されています。さらにクォーク社の医師やその他の極地の専門家から構成される多機能タスクフォースが考案した「健康と安全の4つの柱」が厳格に守られます。

 

Anytime cancellation & rebooking
いつでも取消&再予約が可能

クォーク社は業界で最高クラスの取消&再予約ポリシーを設定しました。

  • クルーズ出発の30日前まではどのような理由でも簡単に予約を変更することができます。
  • コロナウイルスのプロトコルにより、乗船拒否された場合や探検クルーズ中にコロナウイルスの陽性反応が出た場合でも簡単に再予約が可能です。
  • コロナウイルスの影響で探検クルーズの運航が中止になった場合、お客様は再予約または払戻することができます。

※2021-22年南極クルーズ:2022年1月31日までに予約した既存・新規予約が対象。
 2022年北極クルーズ:2022年1月31日までの新規予約が対象。

 

取消&再予約の詳細を見る

 

Free from crowds in the polar regions
人混みからの解放された極地へ

乗船客やスタッフ以外の人と交流することはなく、人里離れた広大な極地では自然なソーシャルディスタンスが生活の一部となっているため、お客様は安心してお楽しみいただけます。北極や南極はこの時期に最も適した場所なのです。

  • 私たちの探検クルーズでは人口密度の高い集落や寄港地はありません。
  • 自然のソーシャルディスタンス旅行は大自然の体験の一部です。
  • 近隣のゲートウェイから乗船地へはプライベートチャーター便でご案内します。広々とした耐氷船は乗客定員199名以下です。

 

Exceptional polar experience
極地での特別な体験

クォーク社の探検クルーズは思い出に残る極地体験となるようは以下のことを提供しています。:

  • 美しい極地の風景
  • 純粋な美しさで人生観が変わるような景色
  • 一生の思い出に残る写真
  • 豊富な専門知識を有するエクスペディション・ガイドとの交流
  • 氷河、フィヨルド、氷山を間近で体験できるゾディアッククルーズ
  • 極地の景色が広がる上陸観光は、人類がほとんど歩いたことのない場所に足を踏み入れる感覚を体験します
  • 参加する他の仲間たちとの出会いや経験の共有
  • ホッキョクグマやクジラ、ペンギンなど野生生物との感動的な出会い
  • 食欲が満たされる素晴らしい食事

 

Guest journey
お客様の旅行

クォーク社では、お客様が健康でコロナウイルスに感染していない状態を維持するために、クルーズ出発前およびクルーズ中に頻繁に検査を実施します。

  • ご旅行出発の3日前にPCR検査を受け集合場所のホテルで陰性結果をクォーク社のスタッフに提示してください。(FAQ参照)
  • 1日目(集合場所のホテルにチェックインする日)に再度コロナウイルス検査を受けます。クォーク社が実施するこの追加の手順によって乗船するお客様全員が直近の検査で陰性であることを意味します。
  • 4日目から8日目にかけて乗船者全員がさらに2回のPCR検査を受け、乗船前までの行程で感染の可能性をスクリーニングします。

旅行の流れ

  1. 旅行出発前
    出発の3日前にクォーク社の探検クルーズに参加するお客様はPCR検査を受けます(FAQ参照)

  2. 旅行
    ご自宅から目的地のホテルへ移動します。

  3. 1日目
    正午前に目的地のホテルに到着。
    クォーク社は、すべてのお客様へPCRスクリーニング検査を実施します。
    ブエノスアイレス滞在中は、ホテルでの宿泊を強くお勧めします。お客様は乗船の4日後に改めて、船上でコロナウイルスの検査をいたします。

  4. 2日目
    クォーク社専用のチャーター便でウシュアイアへ移動し、耐氷船に乗船して素晴らしい極地探検に出発します。
    食事中のソーシャルディスタンスを最大限に確保するため、ダイニングエリアでは固定席が割り当てられます(9日目まで)。

  5. 4~8日目
    すべての乗船者は、乗船までの最後の行程中に感染の可能性をスクリーニングするために、2回の追加PCR検査を受けます。

 

クォーク社S.A.F.E. COVID Policy(日本語)PDFで見る

 

 

よくある質問

S.A.F.E.Covidポリシーの詳細については、クォーク社の専門家が必要な答えを導き出すお手伝いをしています。

 

●ワクチンポリシーについて

クォーク社はどのようなワクチンを受け付けていますか?

コロナウイルスワクチン接種証明書には疾病管理センター(CDC)または世界保健機関(WHO)によって認可・承認されたワクチンを接種したことが記載されている必要があります。

 

乗船するためには、いつまでにワクチンを接種していればよいですか?

コロナウイルスワクチン接種証明書には乗船日の14日前までに完全な予防接種を受けていることが記載されている必要があります。

これは、接種したワクチンの必要な接種サイクルをすべて終了していることを意味します(例:2回接種シリーズの場合は2回目を接種していること)。

 

ワクチンを接種できない人、または接種を希望しない人は、このプロトコルの影響を受けるのでしょうか?

はい。探検船が100%のワクチン接種率を達成するためには、すべての乗船客が探検クルーズに参加する前にワクチンを接種する必要があります。予防接種を受けることができない、または希望されない方は乗船することができません。

 

このポリシーは、スタッフや乗組員にどのような影響を与えますか?

クォーク社はすべてのスタッフと乗組員にワクチン接種を義務付けています。予防接種を受けていないスタッフや乗組員は、本船への乗船が許可されません。

 

予防接種ポリシーはいつまで有効ですか?

ワクチン接種に関する方針は、現在、利用可能なすべての時期のすべての探検クルーズに適用されます。新型コロナウイルスは常に進化している状況です。
当社の医療アドバイザーは、科学的な変化を評価し、当社のワクチン接種方針を変更する必要があるかどうかを決定します。

 

●出発前|2021-2022年南極クルーズ

陰性のPCR検査結果を持参する必要がありますか?

はい。アルゼンチン当局とクォーク社は集合日に、PCR検査(旅行初日から3日以内に実施)の陰性結果のコピーを地上係員に提示するようお客様に要求しています。例えば、旅行の初日が2022年1月20日の場合、2022年1月17日以降に受けたPCR検査が必要です。多くの場合、同じ検査を両方の目的に使用することができますが、クォーク社とアルゼンチン当局の両方の要件を満たす検査を受けることは、お客様の責任となります。
アルゼンチンに早く到着した場合、旅行の初日から3日以内に検査結果を得るために、追加の検査を受ける必要がある場合があります。

 

ブエノスアイレスへの到着はいつ頃予定すればよいですか?

ブエノスアイレスに到着するお客様は旅行1日目の午前10時前に到着するように航空機の予約をする必要があります。
ウシュアイアへ直接向かうお客様は、旅行1日目の12時までに指定されたウシュアイアのホテルに到着している必要があります。早めの到着が必要な理由は、乗船前にPCR検査を完了させるためだからです。到着が遅れると、乗船前に検査結果を得ることができなくなる可能性があります。

 

どのような旅行保険に加入すればよいですか?

コロナウイルスに関連する健康問題、検疫、旅行のキャンセルと中断をカバーする旅行保険が含まれていることを確認してください。このような保険は、クォーク社の保険パートナーを通じて購入することができます。Trip Mate(トリップメイト) 他の保険会社やご希望の予約代理店を通じて同等の補償を購入することも可能です。
※日本では他国の保険に加入することはできません

 

COVID-19検査により旅行に行けなくなった場合はどうなりますか?

COVID検査が陽性のために旅行または搭乗を拒否された場合、クォーク社のBook with Confidenceポリシーにより、100%のフューチャー・トラベル・リファンドクレジット(FTRC)が提供され、3年以内に別のクォーク社の探検クルーズに再予約するために使用することができます。

 

●アルゼンチン到着時

乗船前PCR検査は1日目のいつ実施されるのですか?

旅行前のPCR検査に加えて、クォーク社は旅行1日目(乗船前日)に追加のPCR検査を実施します。検査チームは午前10時から午後4時まで対応します。
初日にすべての旅行者が優先すべきことは、すぐにホテルへ移動し、COVID検査を受けられるようにすることです。ほとんどのお客様は、ブエノスアイレスのホテル・エンペラドールに移動することになります。ただし、ホテルと送迎のパッケージをご利用にならないことを事前にお知らせいただいた場合は、ウシュアイアのホテル・アルバトロスでも検査チームが対応いたします。

 

乗船前の1日目に提示しなければならない書類は何ですか?

クォーク社では、すべてのお客様に到着の14日前までにCDCによって承認されたワクチンの接種を完了していただく必要があります。ワクチン接種の証明は、旅行1日目にクォーク社のスタッフに提示していただく必要があります。この証明書はCOVID-19の予防接種記録を印刷したもので、接種を完了したことを示すものでなければなりません。承認されたワクチンで必要な接種をすべて受けたことを示す証明書が必要です。
また、旅行1日目(ホテル到着日)から3日以内に受けたPCRテストが陰性であることを証明する必要があります。例えば1日目が2022年1月20日の場合、2022年1月17日以降に受けたPCRテストが必要です。ご到着時に健康診断書のご記入をお願いしております。

 

●乗船中

船内ではマスクを着用しなければならないのでしょうか?

すべてのお客様の船内環境の安全を確保するため、客室外では常にマスクの着用をお願いしています(飲食中は除く)。

 

クォーク社の探検クルーズに参加している人がコロナウイルスの症状を示した場合、どのようになりますか?

航海中にCOVID-19の症状が現れた場合、医療チームが評価し船上でPCR検査を受けることになります。この検査で陰性となった場合、その人は24時間隔離され、その後再度PCR検査を実施します。
2回目の検査で陰性であった場合(そして症状が悪化していない場合)、隔離から解放されます。
どちらかの検査で陽性となった場合、本人は10日間、その近親者は14日間の隔離が要求されます。下船時に陸上で検疫になる可能性もあります。

 

次の目的地へ向かうために下船する乗客も検査を受けられますか?

いいえ。帰国便のための検査に必要な時間が短いため、船内で検査を行うことはできません。ブエノスアイレスのエセイサ国際空港(EZE)およびアエロパルケ空港(AEP)では、旅行用の検査を受けることができます。

 

帰国時にPCR検査が必要な場合はどうすればよいですか?

ブエノスアイレスでPCR検査を受け、結果を受け取るための十分な時間を確保することをお勧めします。PCR検査の所要時間は3時間以上ですので、ブエノスアイレスでの後泊を手配し、出国前に検査結果を得るための十分な時間を確保する必要があるかもしれません。